こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

さよなら、そしてこんにちは

3.5 3.5 (レビュー2件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,575 円

世のため、人のため、そして家族のため、働き者の悲哀を描く、著者独壇場の傑作集。

いいね!

    「さよなら、そしてこんにちは」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      くすっと笑えるユーモア7つの短編集。
      印象に残る2作。

      「美獣戦隊ナイトレンジャー」
      戦隊もののイケメン俳優に心ときめくママ。
      そのためなんとか子供に番組を見てもらおうと画策。
      そしてイベント開催の知らせを見る。

      世の奥様の心情をそのまま映し出したような中身で笑えるが、ラストのオチも現実感を出している。

      「寿し辰のいちばん長い日」
      頑固親父のように見える寿司屋の大将の辰。
      ほんとはTVの取材にも来てもらいたいが、なぜか来てくれない日々。
      そんな時評論家らしき人がお客として、辰は心躍るが。

      いるいると頷きそうな頑固おやじだが、オチが秀逸。
      辰が主役と見せかけてが上手い。
      >> 続きを読む

      2020/01/21 by

      さよなら、そしてこんにちは」のレビュー

    • 評価: 4.0

      おかしくて、ちょっと哀しい短篇集



      子どもの誕生を待つ笑い上戸の葬儀屋さん、健康情報番組に翻弄されるスーパーマーケットの店員さん、後ろめたさを感じつつ戦隊もののヒーローに熱を上げる母親、仕事に追われるスローフードの料理評論家、農業にあこがれる父親について都会からド田舎に越してきた家族、はやらない昔気質の寿司屋のおやじさん、可愛い我が子にクリスマスをねだられるお坊さん・・・

      みんな、 一生懸命 がんばってんのね。

      みんな、 大変なのね。

      でも、切羽詰まったところがおかしかったりする。 

      ファイッ! て 声をかけたくなるようなお話ばかり。

      楽しませてもらいました。
      >> 続きを読む

      2013/01/17 by

      さよなら、そしてこんにちは」のレビュー

    • 「さよなら、そしてこんにちは」
      このタイトルなんか凄い好きかも!

      >可愛い我が子にクリスマスをねだられるお坊さん
      仏教・・・まぁ日本ではありか!
      >> 続きを読む

      2013/01/17 by ◆空太◆

    • > さよなら、そしてこんにちは

      別れが有れば出会いが有るという意味ですかね。

      避けられない別れの感傷に浸ることも有りますが、未来の素敵な出会いを信じて生きて行きたいですね。
      >> 続きを読む

      2013/01/17 by ice


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    サヨナラソシテコンニチワ
    さよならそしてこんにちわ

    さよなら、そしてこんにちは | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本