こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ロスト・ケア = LOST CARE

4.5 4.5 (レビュー4件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,575 円
いいね! ooitee

    「ロスト・ケア = LOST CARE」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      葉真中さんのデビュー作は、社会派とミステリが見事に同居した中身。

      冒頭の判決から仕掛けは始まっており、そこから43人を殺害したとされる彼が捕まるまでの経緯が描かれる。

      最初の介護のシーンから体験した人は嫌になるほどのあるある事項が。
      実の親子ですら認知症によって他人へとすり替わる苦しさ。

      その介護を通じてビジネスだったり、現場の苦しみがこれでもかと迫って来る。
      その中で殺人を犯し続ける彼の強烈な動機。

      またすっかり騙されてしまった犯人像も見事な仕掛けが。

      辛い介護から逃れる=死亡という痛ましい現実に社会の闇がハッキリと見て取れてしまった。
      >> 続きを読む

      2019/10/24 by

      ロスト・ケア = LOST CARE」のレビュー

    • 評価: 4.0

      以前読んだ「絶叫」が素晴らしく衝撃的かつ重く、それ以来ずっと気になっている作家さん。
      介護がテーマ…というには言葉が足りない。
      とても複雑で深くて重くて(良い意味で)、「絶叫」同様に衝撃的だった。
      なかなか手にとれなかったけれど、思い切って読んでよかった。
      ミステリー小説としても、展開にやられた。

      個人的なことになるけれど、私は「安全地帯」にいる人間ではない。
      色々な意味で、ギリギリなところで生きている人間。
      将来が悲観的にしか思えない。
      だからこそ、この話は他人事には思えない。
      責められない。悔しい。悲しい。

      小説としては、読んでよかった。
      でも現実としては…現実って変えられるのだろうか。
      問題は変えられるのだろうか。
      明るい明日は、未来はくるのだろうか。
      現実は変えられる、問題は解決する、明るい明日も明るい朝もくる、未来は明るい、そう信じたい。
      >> 続きを読む

      2018/01/18 by

      ロスト・ケア = LOST CARE」のレビュー

    • 評価: 4.0

      第16回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作
      選考委員、綾辻行人氏、近藤史恵氏、今野敏氏、藤田宜永氏、
      満場一致の熱い支持!!

      さまざまな時事問題と介護の現場。
      登場人物それぞれの顔が浮かび上がるように
      丁寧に描くことにより

      今、この国が直面している危機
      とても、大きな空洞が存在していることを
      浮き彫りにし、
      エンターテイメント作品としても
      きちんと成立させています。
      >> 続きを読む

      2013/06/28 by

      ロスト・ケア = LOST CARE」のレビュー

    • あーこれブランチで紹介されてて気になってました!
      絶賛されすぎてて、そこまでー!?って思っていましたが、けっこう面白そう♪ >> 続きを読む

      2013/06/28 by ただひこ

    • 浜中さんは多いですけど、葉真中さんは珍しいですねー

      2013/06/29 by makoto

    • 評価: 5.0

      デビュー作とは思えないほど堂々と、作品の
      骨子が太くそしてグサリと突き刺さってきます。
      ミステリの装丁を身に纏う事で自分のような
      人間にも、見事にその重さと避けては絶対に
      通れないこの先...を見事に提示してくれ、
      自分自身が向かって考えないといけない...という
      当たり前の事実を認識させて貰えます。
      社会派ミステリーなんて枠を越えてでも
      多くの人が手にして欲しい...と思える作品。

      所謂コムスンの事件をベースに現代の
      介護が抱える(というか単に先伸ばしに
      している)問題、家族、高齢化...さらに
      性善説、そして正義対正義と話は絵空事ではなく
      確実に将来に待ち構えている事...について
      淡々と抉るように展開されていく事に、
      誰もが他人事...ではない現実と比べながら
      身を削がれるような想いになってしまいます。

      作中で犯人とされた「彼」がしてきた事の罪を
      裁く現代社会と現代の法。「彼」の行ってきた
      正義は一矢報いる事が出きるのか...。テーマが
      重い...だけで済ませてしまうことが出来ない
      痛烈な作品。

      ちなみにミステリとしても犯人である「彼」
      を追いつめる手法も見事でかなり面白い。
      自分の今年のベスト3確実...っぽいです。
      >> 続きを読む

      2013/04/08 by

      ロスト・ケア = LOST CARE」のレビュー

    • 介護問題、今は両親も元気なのであまり真面目に考えたことのない問題です。というよりできれば知らないままでいたいなというのが正直な気持ちだったりします。でもこれから、私を含め、さらに多くの人が介護問題に向き合うことになるんでしょうね。答えがない問題なだけに考えさせられます… >> 続きを読む

      2013/04/08 by ただひこ

    • 当面は若作りで乗り切る気マンマンですけど、まぁ誰でも何十年か経ったら介護される側になりますもんね。

      その時ではもう遅いと思うので、今の介護に目を背けないようにしたいと思います。

      ボクの意見だと、幼稚園と一緒にしちゃうのが良いと思うんですけどねー
      >> 続きを読む

      2013/04/08 by makoto


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ロストケア
    ろすとけあ

    ロスト・ケア = LOST CARE | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本