こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

必死のパッチ

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 大衆演芸
定価: 1,365 円

「も、もうアカン...!もうアカンねん!ワシも死ぬから、オ、オマエも死んでくれ!」「オ、オマエ一人で生きていかれへんやろ?せやから、ワシと一緒に...」「イ、イヤや!イヤや!ボク死にたないっ!ボクは生きたいねん!生きるねん!何があっても死にたくないっ!」オトンから向けられた刃物の恐怖。容赦ない借金取りのオッサンたち。孤独も貧乏も不安も寂しさも、全部笑いとしゃべりで乗り越えた―。

いいね!

    「必死のパッチ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      「いやぁ・・・アンタ、ほんまに、オカンか」

      「よう言わんわ、お母ちゃんの顔、忘れてしもたんか」と、
      母親との出会いではじまり。

      最後は、

      「雀ちゃん、ほなまた来るわ」

      「雀ちゃんと・・呼ぶな」と

      自分で名付けた息子の名前を呼べずに・・・帰って行ったと。

      間の、190ページは悲惨な境遇のなかでの、
      落語家・雀々さんの誕生のはなしだが・・・。

      この本、雀々、いや「こうちゃん」と呼ばれたいという
      母に甘える、幼子の、ラブレターである。

      「オカンは、オカン」。
      >> 続きを読む

      2013/07/13 by

      必死のパッチ」のレビュー

    • 「パッチ」とは、冬用のズボンの下に履くインナーウェアで、何故かがむしゃらに頑張ることを、「必死のパッチ」と言いますが、語源は解らず。単に語呂が良いだけのか、町工場のおっさんがズボンも履かんと「必死」に働いている様子なのか、ほんまよう解りませんな。 >> 続きを読む

      2013/07/13 by ごまめ

    • >「オカンは、オカン」

      悪寒?w

      2013/07/13 by makoto


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ヒッシノパッチ
    ひっしのぱっち

    必死のパッチ | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本

    桂雀々の作品