こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

スウィート・ヒアアフター = sweet hereafter

4.5 4.5 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,155 円

お腹に棒がささった状態から生還した小夜子は、幽霊が見えるようになってしまった。バーに行ったら、カウンターの端に髪の長い女の人がいる。取り壊し寸前のアパートの前を通ると、二階の角部屋でにこにこしている細く小さい女の子がいる。喪った恋人。元通りにならない頭と体。戻ってこない自分の魂。それでも、小夜子は生き続ける。

いいね!

    「スウィート・ヒアアフター = sweet hereafter」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      文中、柳ジョージの「遺言」が歌われていたりする場面があって渋いなぁ。
      『とてもとてもわかりにくいとは思いますが、この小説は今回の大震災をあらゆる
      場所で経験した人、生きている人死んだ人、全てに向けて書いたものです。』 
      と著者があとがきに書いているけど、思いはきちんと伝わったと思う。
      この本は、どんな形にしても誰にでも必ずやってくる
      大切な人との別れと、生き残った人を描いた物語。
      別れは突然かもしれないし、ついにその時が来たか、と思うかもしれない。
      どんな悲しい状況であっても、この世に残っている人たちはちゃんと生きていく。
      そしたら、そのうちにあちこちに転がっていた小さな幸せに気がつく。
      その小さな幸せに気づけるのは、生きていないとできないこと。
      大切な人を失って何かが欠けても、心はゆっくり回復していく。
      生きているから出会えた人たち。
      生きていることを心から喜んでくれている人たち。
      生きていればこそなのだ。
      ココロに響く言葉がいっぱいの一冊。
      >> 続きを読む

      2015/05/30 by

      スウィート・ヒアアフター = sweet hereafter」のレビュー

    • キッチンでも命というテーマをさらっと書いていたイメージです。吉本ばななさんはそういうメッセージの本が多いのでしょうか。家族のこととか色々考えちゃいそうです。 >> 続きを読む

      2015/05/31 by ただひこ

    • >ただひこさん

      私はこれがばなな作品最初だったのですが、こんなやさしい小説書く人なんだって思いました。
      >> 続きを読む

      2015/06/01 by achiko


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    スウィートヒアアフター
    すうぃーとひああふたー

    スウィート・ヒアアフター = sweet hereafter | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本