こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

絢爛たる悪運 岸信介伝

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 工藤 美代子
定価: 1,836 円
いいね!

    「絢爛たる悪運 岸信介伝」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      何かの情報で、安倍総理が改憲に意欲的なのは、祖父の岸信介の意志を継いでのことだといった内容のことを耳にし、岸信介について興味を持ちました。
      そして、いろいろ探す中、図書館でこの本の存在を知り、借りてきました。

      この本は、岸信介の誕生から晩年までを、これまで刊行された書籍などを元に、ざっくりと表しています。

      昭和の妖怪と呼ばれた岸信介の生涯だけでなく、幕末から昭和にかけて、激動する日本の変化の肌触りまでもが感じられます。
      恥ずかしながら、不勉強な自分はこれまで、岸信介についての知識はまったくなく、総理大臣だったことすら今回始めて知りました。

      それだけに、すべてが新鮮でとても刺激的な内容でした。
      とくに興味深かったのは、満州時代の話と、戦争末期時と巣鴨拘置所時代の話でした。
      豪奢な満州時代と、たとえ政府高官の家族であっても容赦のない厳しい戦時中の生活、さらに巣鴨拘置所の劣悪な環境、それらのギャップに驚きました。

      戦後70年の大きな変動を迎える中、読んで損のない1冊だと思いますよ。
      >> 続きを読む

      2015/10/01 by

      絢爛たる悪運 岸信介伝」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    絢爛たる悪運 岸信介伝 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    パリに住むこと、生きること

    最近チェックした本