こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

謎解き広報課

3.0 3.0 (レビュー2件)
著者: 天祢 涼
定価: 1,540 円
いいね! Tukiwami

    「謎解き広報課」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      天祢涼の「謎解き広報課」は、難しい状況の広報紙作りを命じられた、若い女性の物語。

      親が転勤族で、都会を転々としてきた新藤結子は、東北の町役場に就職する。

      従来は行政の連絡が並ぶだけで、町のおばあちゃんに鍋敷きにされていた広報紙を、読んでもらえるものにするのが、彼女の使命だ。

      地元に愛はない。やる気もない。一年たったら辞めてやる。

      そんな結子だが、やけに厳しい上司や「私の使命は貧乏人を減らすこと」など、何かと暴言の多い町長の下で働くうち、意識が変わり始める。

      ゲームに登場した聖地の風景、防災、祭りなど、地元を取材するたびに、結子は謎に出会う。
      謎を解決すると楽になるのではなく、逆に広報紙作りが困難になる成行きが面白い。

      都会育ちの人間が、田舎の良さに気付く、ありがちな話ではある。
      だが、難病で死んだ病院長の息子について調べるあたりから、ただのいい話では終わらない、ひねった展開をみせるのがいい。

      >> 続きを読む

      2020/03/19 by

      謎解き広報課」のレビュー

    • 評価: 3.0

      新藤結子が赴任したのは超が付くほどの田舎の市役所。
      どうせ3月までの腰掛と思っていたが、広報課に配属されそこで「こうほう日和」という市報を作成することに。

      5つの中編集になっており、徐々に結子が町の良さを知っていくという類い。

      その中で上司やら町の住民の人間関係を知っていき、遂には「こうほう日和」を廃止にする案が。

      謎解きという割には、解決よりも実は…という件が多い気がする。
      やはり場所が場所なだけに、それほど深刻な問題にはしようとしてないのだろう。

      ラストも予想通りだし、こういうライトなコメディ風味もたまには悪くない。
      >> 続きを読む

      2020/03/17 by

      謎解き広報課」のレビュー

    • この作品、以前図書館から借りてきて読んだんですけど、なんかいろいろな部分が合わずに読むの途中で断念したんですよね。でも、文庫化されていて、確かに仰る通りたまにはこういうライトな作品も良いなぁ、と思い始めています…!

      ちょっと、某通販サイトというマブダチの所に行って来ます( •̀ •́ゞ)ビシッ!!
      >> 続きを読む

      2020/03/17 by 澄美空

    • 返信ありがとうございます。

      重みがないというか、読んだ後の印象が非常に軽い作品です
      1話60ページくらいなので、肩の凝らない読書時間を送れる感じだと思います。
      >> 続きを読む

      2020/03/18 by オーウェン


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    謎解き広報課 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本