こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

脳科学医が教える他人に敏感すぎる人がラクに生きる方法

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 高田 明和
いいね!

    「脳科学医が教える他人に敏感すぎる人がラクに生きる方法」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      鬱かなぁ、どうかなぁと思っている方がいらっしゃれば読んでもらいたい本です。Highly Sensitive Person 日本語では「非常に敏感な人」の本です。その見分け方や対処の方法がご自身と脳医学者の立場で書かれています。
      □ 人の気持ちに敏感なことは、悪意ある人間から遠ざかり、周りの人には細かな気遣いができる
      □ 薬に頼らず、自分からのSOSに真摯に応えることこそが、改善への一番の近道なのだ
      □ 超過敏に必要なのは休息だった
      □ 根拠は説明できなくても、そうした感覚的なことが結果的に正しい場合が多いのは事実なのです
      □ 吐き出す方法は、メモ用紙などに想いのまま書き出してみる
      □ 言葉自身が持つ力、すなわち「言霊」が働いて、実際に物事が良い方向に進むことがあります。
      >> 続きを読む

      2017/03/11 by

      脳科学医が教える他人に敏感すぎる人がラクに生きる方法」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    脳科学医が教える他人に敏感すぎる人がラクに生きる方法 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本