こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ささらさや

4.0 4.0 (レビュー3件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 600 円

事故で夫を失ったサヤは赤ん坊のユウ坊と佐佐良の街へ移住する。そこでは不思議な事件が次々に起こる。けれど、その度に亡き夫が他人の姿を借りて助けに来るのだ。そんなサヤに、義姉がユウ坊を養子にしたいと圧力をかけてくる。そしてユウ坊が誘拐された!ゴーストの夫とサヤが永遠の別れを迎えるまでの愛しく切ない日々。連作ミステリ小説。

いいね!

    「ささらさや」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      当方、男だけれども自分の妻をバカ呼ばわりするのはどうかと思うのだけど、少数派の意見なのかな?
      細かい話だけど。
      著者が女性だからいいのか?
      お話し全体としては楽しんだので、そこだけがちょっと引っかかった。

      2016/04/22 by

      ささらさや」のレビュー

    • > 男だけれども自分の妻をバカ呼ばわりするのはどうかと思うのだけど

      愚妻とか言う表現もどうかと思いますよね。 >> 続きを読む

      2016/04/22 by ice

    • -> iceさん

      そうですね、ちょっと抵抗あります。

      2016/04/25 by W_W

    • 評価: 3.0

      映画を観て面白かったので、鑑賞後即購入。

      映画を見ておいたことで、内容はすんなり理解出来た。
      持論だが、小説の映画化は、小説よりつまらなくなることが多いと考えているが、本作については映画の方がオススメである。

      もちろん小説も楽しめるものになっているが、読むのにやや時間がかかってしまった。
      面白い小説とは寝る間も惜しんで一気に読んでしまうものなので、本書はそれには該当しない。

      そして、ラストの章だがあの終り方は本当にさやにとって幸せなのか?疑問を禁じ得ない。
      >> 続きを読む

      2014/12/01 by

      ささらさや」のレビュー

    • >本作については映画の方がオススメである。

      そうなのですね。
      大泉洋さんのキャラクターなどでも面白さ倍増しそうですもんね♪ >> 続きを読む

      2014/12/01 by chao

    • 最近映画化されましたよね~!!
      気になっていました!!

      2014/12/01 by RAY-ROCK

    • 評価: 3.0

      加納朋子の日常の謎を取り上げた短編集である。
      主人公の女性は以前につきあっていた夫を
      なくして田舎にやってくる。
      そこで不思議な言葉を心の中に受けるという話。
      読みやすくそれでいて優しい気持になれる。
      小説としてはロジックで攻める作家が多いが
      有栖川有栖氏の別の本の解説のように「魔法」のように
      謎が解かれていくのだ。
      珠玉の短編作家としてぜひ読んでもらいたい一冊。
      >> 続きを読む

      2013/10/23 by

      ささらさや」のレビュー

    • ささらさや
      笹良沙耶とかかなぁ。
      美人さんな感じのお名前ができましたー♡

      2013/10/23 by makoto

    • 加納朋子作品、未読です。

      > 珠玉の短編作家としてぜひ読んでもらいたい一冊。

      ここは素直に読んでみよう♪
      >> 続きを読む

      2013/10/23 by ice


    最近この本を本棚に追加した会員

    11人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ササラサヤ
    ささらさや

    ささらさや | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本