こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

侯爵夫人の密やかな小説

カテゴリー: 小説、物語
定価: 920 円

19世紀ロンドン。公爵家の養女となったロッティにとって、今日は社交界デビューの日。だが舞踏会が始まる直前、隣の家に悪名高い“人殺し侯爵”が住んでいることを耳にする。“人殺し公爵”とは、妻と浮気した親友を射殺した男、ヘイデン・セントクレア。妻はのちに不審な死を遂げ、以来彼女の亡霊が侯爵に取り憑いているという。作家志望で好奇心旺盛なロッティは、彼をひと目見ようと隣家に忍び込む。しかし、ヘイデンに見つかってしまい、娼婦とまちがえられたあげく、あろうことかキスを受けてしまう。しかもその瞬間を舞踏会に集まった人々に目撃され、スキャンダルに。後見人のスターリングがヘイデンに決闘を申し込もうとしたため、ロッティは自分と結婚するようヘイデンを説得する。はからずも侯爵夫人となり、ヘイデンの屋敷で生活することに。そこで彼女を待っていたのは...。

いいね!

    「侯爵夫人の密やかな小説」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    コウシャクフジンノヒソヤカナショウセツ
    こうしゃくふじんのひそやかなしょうせつ

    侯爵夫人の密やかな小説 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本