こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

プラチナデータ

3.7 3.7 (レビュー15件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 760 円

国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA捜査システム。その開発者が殺害された。神楽龍平はシステムを使って犯人を突き止めようとするが、コンピュータが示したのは何と彼の名前だった。革命的システムの裏に隠された陰謀とは?鍵を握るのは謎のプログラムと、もう一人の“彼”。果たして神楽は警察の包囲網をかわし、真相に辿り着けるのか。

いいね!

    「プラチナデータ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      今の日本もこの小説のように国民の遺伝子から犯人が特定するDNA操作システムがが管理化されたら総理大臣近辺だけは犯罪関係から忖度されるだろうな。そういう意味ではある意味私たちに警告してるとも言えるかも。浅間と神楽のやり取りが面白かったし2重人格の特性が上手くトリックの中に入ってた。スズランの正体はちょっとメルヘンっぽくてそこも良かったです。映像ではだれが神楽だったのか興味深々です。

      2020/03/02 by

      プラチナデータ」のレビュー

    • 評価: 3.0

      近未来のSF話。

      DNAを元手に、血液型やタイプだけでなく容姿まで明らかにする新世紀大学病院。
      そこで殺人が起き、研究の第1人者だった神楽のもう一つの人格リョウが犯人として名指しされる。

      何となく「マイノリティ・リポート」を思い出したが、ここから逃亡と真犯人解決への道が始まる。

      近未来とはいえそこは東野さん。
      あっという間に世界観を分からせる構成で、こんがらがることなどまるでない。

      ただし出る人物が限られているので、自ずと犯人もすぐに予想がついてしまう物足りなさもある。
      >> 続きを読む

      2019/08/28 by

      プラチナデータ」のレビュー

    • 評価: 4.0

      原作を先に読んでしまったので、多分映画は観ない。
      この手の作品は原作の読みごたえに比べて
      どうしても映画の評価は落ちるし
      設定や登場人物まで違うようなので。

      東野作品は細部のストーリーやディテールに
      後で気付いて唸ることも多い。
      読み落としたのか伏線なのか分からず
      何度か最初から読み直した。
      しばらくしてから再読予定。

      >> 続きを読む

      2019/01/24 by

      プラチナデータ」のレビュー

    • 評価: 3.0

      人間は平等だと定義されて久しいけれどたしかに特権階級は存在する。そこの部分のミステリ題材。
      これは近未来SFなんだけど現代とまったくかわらない価値観なわけだ。
      そう変わらないのは至極当然でもあり、未来ならば目新しい価値観があればおもしろいのにと思う。
      「DNAデータを登録すれば減税」とか確かにイイかもしんないけどね!
      セコイ価値観もきっと今も近未来も変わらんナw

      2018/07/21 by

      プラチナデータ」のレビュー

    • 評価: 5.0

      映画は、「プラチナデータ」の意味が小説と異なっていたり、その他にも異なる部分がたくさんあって、あまり面白くなかった。
      しかし、小説はとても面白く、あっという間に読んでしまった。

      私の場合は、小説を読んでから映画を観たのでがっかりしたが、映画しか見ていない人は、小説もぜひ読んでほしい。そうすればより『プラチナデータ』を楽しめると思います。

      2016/02/11 by

      プラチナデータ」のレビュー

    もっとみる

    関連したレビュー

      幻冬舎 (2010/06)

      著者: 東野圭吾

      他のレビューもみる (全8件)

      • 評価: 3.0

        こんな世の中にきっとなるでしょう。
        ありえないようで、思い切りありえる話です。
        ひょっとしたら、今この時だって進行中かもって話ですよね。

        ちょっと、酔ってます。
        後で書き直すかもしれません…。

        2012/08/15 by

        プラチナデータ」のレビュー

      • 国民総背番号制に代表されるように体制が個人を完全に掌握できるようになることは便利な反面大きな脅威ですよね。

        当時とは精度の面で御幅な革新が有るとは言え、DNA鑑定の誤りで冤罪事件も発生していたはずですので、リアルな怖さを感じました。
        >> 続きを読む

        2012/08/15 by ice

      • 叩かなくてもホコリが出ちゃうタイプなので怖いわー

        2012/08/16 by makoto


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    プラチナデータ
    ぷらちなでーた

    プラチナデータ | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本