こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

大名やくざ7 女が怒れば虎の牙 (幻冬舎時代小説文庫)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 風野 真知雄
定価: 583 円
いいね!

    「大名やくざ7 女が怒れば虎の牙 (幻冬舎時代小説文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      図書館本。

      参勤交代で替え玉を使ったことがばれそうになった虎之助だが、江戸家老の有馬多門のおとぼけと飼い犬うしのおかげで難を逃れる。しかし、国元で替え玉が暗殺されてしまう。一方、虎之助たちに敵対するのをあきらめた万五郎を殺したおしまが、跡目を継いで辰の前に立ちはだかる。不安を抱きながら虎之助は江戸を離れる。

      何とかして虎之助を失脚させようともくろむ紀伊国屋、荻生、前田、仙石ら四人が、虎之助の画策した化け猫騒動で震えあがるのがおかしかった。次巻はシリーズ最終巻だが、虎之助が将軍綱吉にどこまで迫れるのか楽しみ。


      >> 続きを読む

      2018/05/16 by

      大名やくざ7 女が怒れば虎の牙 (幻冬舎時代小説文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    大名やくざ7 女が怒れば虎の牙 (幻冬舎時代小説文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    NECK