こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

わたしの神様 (幻冬舎文庫)

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 小島 慶子
いいね!

    「わたしの神様 (幻冬舎文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      深く考えたこともなかったし、興味もなかった。女子アナというのは。
      「アイドル」という職業について先日読んだ朝井リョウの「武道館」よりはおもしろかったかな(;´Д`)
      ドロドロな泥仕合はテレビドラマの原作にでもピッタリかなとも思うけど、よく考えたらテレビで活躍する女子アナについてのこんなドラマをテレビでやるわけにいかないかww
      「女子アナというコスプレ」という行が言いえて妙だと思ったら、この作者、小島慶子さんの前著が「コスプレ上手は、仕事上手!」なるタイトルの本があった。この人の哲学なのだな、きっと。

      amazon解説)
      視聴率低迷中のニュース番組「ウィークエンド6」の起死回生をはかるため、テレビ太陽きっての敏腕プロデューサー藤村は“女子アナ”キャスターのてこ入れに動いた。
      産休に入る佐野アリサの後任に起用したのは、全方位の好感度で不動の人気を誇るミスキャンパス出身の仁和まなみ。アイドルアナからニュースキャスターへと鮮やかな転身をとげたい彼女は、権力欲や保身に走る男たちや、敵意むき出しの女たちに晒されやがてスキャンダルの渦に引き摺り込まれる。
      描かれることのなかった“女子アナ”たちの強烈な嫉妬と執着と野心に、ページをめくる手が止まらない。一気読み必至の極上エンタメ小説。
      >> 続きを読む

      2018/09/30 by

      わたしの神様 (幻冬舎文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    わたしの神様 (幻冬舎文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本