こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)

3.8 3.8 (レビュー4件)
著者: ジェーン・スー
定価: 626 円
いいね! Tukiwami

    「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)」 の読書レビュー (人気順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      マシンガントークの様な文章を初めて読みました。時々ツボにはまって、ゲラゲラと笑ってしまいます。どんな女性の中にも一生涯存在し続ける「女子魂」を、ひねりにひねったメタファーで、炙り出して行きます。しかも、かなり毒舌気味に。

      女子会に始まり、丁寧な暮らしオブセッション、「おばさん」のカテゴライズ、
      男女間の友情に見る恋愛感やら、果ては女子の代表色と思われてるピンク色についてまで。

      後半はややシリアスに、著者自身の生い立ちから始まり、大人になってもキリキリと傷む女子ならではの複雑な感情を、ドMか?って程にを突き詰めてます。(母親に先立たれた父との関係性や、男性優位社会での働き方など。)

      自分の中の「女子魂」を再認識することはできましたが、実は「(大人)女子」という色分けも、若い世代ではメルトダウンしてるのかもなぁ。
      >> 続きを読む

      2019/08/13 by

      貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)」のレビュー

    • 評価: 4.0

      このタイトルからして、甘ちゃんに上から喝を入れる本かと思って、そうだそうだ!という気持ちではなく、むしろ自分の甘えに喝を入れてくれるなら、それも良し、という気持ちで読んだ。
      結婚してるとか、子供がいるとか、結婚できないとか、結婚しないで独身を謳歌するとか、どれが善で悪か、ではなく、正解もなく、どれが楽というものでもない。ただあくまでも、自分の考えを徹底的に考えつくして、余すことなく言葉にした、という感じ。毒舌で理論武装と思う人もいるだろうし、それが面白いという人もいるだろう。でも自分と向き合うというのは、結構しんどいもので、よくぞここまで考えつくしたもんだと、私的にはあっぱれ、このガッツが凄いよという感じ。人の芝生は青く見えると言うが、いいねー羨ましいねーっていうかむしろ妬ましいわ!って気持ちも人間だから持ってしまうけれど、それで終わるんじゃなく、何故そのように自分は思うのか、考えて考えて、自分なりの落としどころを見つけて、あまり無理せず自分なりの人生をできる限り楽しく生きていければ、まあまあ良いのではないのかと。
      >> 続きを読む

      2017/05/02 by

      貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)」のレビュー

    • 評価: 4.0

      一度読んで楽しんだら再び読みかえすことはない娯楽本だと思って購入したのですが、これは何度も読み直すタイプの本でした。嬉しい誤算です(笑)
      ただし、私がちょうどアラサー後半の女性だから、ヒットしたという部分もあると思います。20代のころよりもはるかに自由に生きることができるようになってすごく楽しいけれど、老いが少しずつ見えてきて焦ったり、主張やこだわりが強くなってきて周囲とぶつかったり…
      アラサー後半の女性が感じている息苦しさをスーさんが的確に分析して、それにどう対処すれば楽になるのかを、赤裸々なエピソードから導いてくれているので素直に受け入れられました。

      自尊心を守るために「苦手」を「嫌い」にスライドさせてばかりいると面倒な人になる…耳が痛くなるお言葉ですね。

      30代後半になって読んだら、今とはまた違う部分で勇気づけられそうなので、お守りとして本棚に置いておくことにします。

      >> 続きを読む

      2018/07/08 by

      貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)」のレビュー

    • 評価: 3.0

      面白いが、文章でなくラジオとかで聴きたい。

      2017/10/12 by

      貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)」のレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本