こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

専制君主のロマンス

カテゴリー: 小説、物語
定価: 898 円

イベント会社勤務の有能なサラリーマン・雛崎充の弱点は『血に弱い』こと。強引でマイペースな先輩・風森尚吾は、雛崎の弱味を知る唯一の人間だった。プライベートも仕事もトラブル続きで参っていた雛崎は、ある日、酔った勢いで、怪我をした風森の傷口に唇で触れてしまう。極端に苦手なものに触れれば、落ち込みの突破口が開けるような気がしたのだ。しかし、風森からその行為を「誘った」と言われ、ベッドに引きずり込まれてしまい...。

いいね!

    「専制君主のロマンス」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    センセイクンシュノロマンス
    せんせいくんしゅのろまんす

    専制君主のロマンス | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本