こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

罪と束縛のエゴイスト

カテゴリー: 小説、物語
定価: 898 円

魔族の集う聖グロリア学院に通う神前遥は好奇心旺盛なライカン。ある日、立入禁止の実験室に忍び込んだ遥は、誤って媚薬を大量に摂取し、媚薬製作者の椎名皇一にしか欲情できない身体になってしまう。屈辱を感じつつ、遥は媚薬の効果が切れるまでの2週間、皇一に体液をねだるハメに。人間不信のはずの皇一に弄られたり優しくされるうち、自分が皇一にとっての特別ではないかと思い始める。しかし彼には好きな人がいて―。

いいね!

    「罪と束縛のエゴイスト」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ツミトソクバクノエゴイスト
    つみとそくばくのえごいすと

    罪と束縛のエゴイスト | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本