こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ネオアルカディア―奇跡の涙 (リンクスロマンス)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 橘 かおる
いいね!

    「ネオアルカディア―奇跡の涙 (リンクスロマンス)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      絵師さんによる漫画とのコラボ3冊組の最終巻だとは知らず、表紙イラストの美しさに魅かれて買った。
      口絵はもっときれいなのだが、森の聖霊レリスは女性にしか見えない。

      国王バルを慕うあまり実体化したレリスは、バルに深く愛されて幸福なはずだったのに、周囲の思惑にバル共々翻弄されて国土の荒廃を招いてしまう。それはやがて世界に闇が満ちる事態にまで陥る。

      男の嫉妬はこわいと、あらためて思った。
      書き下ろしの後日談が中途半端な終わり方をしているのが残念。漫画を読めば虹の御子レーネの行方がわかるのだろうか。
      謎が回収されないままシリーズが終わってしまうのは、この作家さんの作品で前にもあったから、レーネは行方不明のままだろうか。
      >> 続きを読む

      2017/08/25 by

      ネオアルカディア―奇跡の涙 (リンクスロマンス)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ネオアルカディア―奇跡の涙 (リンクスロマンス) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    カゼヲキル 1助走