こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

腹黒天使と堕天悪魔 (リンクスロマンス)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 妃川 螢
いいね!

    「腹黒天使と堕天悪魔 (リンクスロマンス)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      魔界シリーズ第5弾。
      前4作でシリーズは終わりだと思っていたので、思いがけなく再開されてうれしい。当然、クライドとノエルは出てくるかなと期待は高まっていた。その期待は裏切られることなく、冒頭から数ページでクライドが登場すると、うれしくて口元はゆるみっぱなしだった。しかもノエルの出番も多く、二度もドジをやらかして大いに楽しませてくれた。

      物語は、堕天して魔界の公爵におさまったルシフェルと、執拗に魔界に現われてルシフェルを連れ帰ろうとするミカエルの痴話喧嘩に、苦労人クライドが迷惑を被るというもの。大魔王ジークフリートはヒルダのことで忙しく、面倒ごとはクライドに任せっきり。ヒースは相変わらず皮肉ばかり口にする。気苦労の多いクライドの慰めはもちろんノエル。大魔王に可愛がられてもいるノエルが、嫉妬したクライドにしがみついて「クライドさまぁ」と啼くのに萌え転げた。

      肝心の主役二人にはいっこうに萌えなかったが、クライドのセリフとノエルの健気さには萌えまくり、ただひたすら二人が出てくるシーンを楽しんだ。このシリーズはクライドとノエルを目当てに読んでいるので、今作には大満足だった。

      >> 続きを読む

      2017/10/13 by

      腹黒天使と堕天悪魔 (リンクスロマンス)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    腹黒天使と堕天悪魔 (リンクスロマンス) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本