こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

大往生したけりゃ医療とかかわるな

「自然死」のすすめ
4.3 4.3 (レビュー2件)
定価: 798 円

3人に1人はがんで死ぬといわれているが、医者の手にかからずに死ねる人はごくわずか。中でもがんは治療をしなければ痛まないのに医者や家族に治療を勧められ、拷問のような苦しみを味わった挙句、やっと息を引きとれる人が大半だ。現役医師である著者の持論は、「死ぬのはがんに限る」。実際に最後まで点滴注射も酸素吸入もいっさいしない数百例の「自然死」を見届けてきた。なぜ子孫を残す役目を終えたら、「がん死」がお勧めなのか。自分の死に時を自分で決めることを提案した、画期的な書。

いいね!

    「大往生したけりゃ医療とかかわるな」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      誰でも必ず死にます。生まれたからには老、病、死は当たり前。いつ、どうなるか分かりません。

      だから、どう生きるかが大事なんです。

      そして、ああよく生きたなあ・・って、“安らかに 眠るように”終わりたい。

      最期は、痛みや不安、まだ生きたいなどという“怒り”も“欲”も全くない、穏やかな気持ちで逝きたい。

      私はそう願っています。たぶん、みんなもそうじゃないかな。

      医者(医療)が病気を治すのではなく、自分の自然治癒力が治す、治すのは自分で、医療は手伝いをするだけだといいます。

      医者の言うことを聞くより、自分の身体に聞く方が間違いない。しっかり自分を観察することが大切なのでしょう。難しいけど。

      「死」を考えると生き方が変わる。たしかにそうだ。

      死ぬときのためのトレーニング(?)、準備を・・・

      今からしておいたほうがいいかもしれません。
      >> 続きを読む

      2013/01/11 by

      大往生したけりゃ医療とかかわるな」のレビュー

    • 前職の社長は、創業者でバリバリのキレ者でした。

      そんな彼はムリが祟って、50くらいで亡くなりましたが、まさに太く短く生きられた方だと思っています。

      自信に満ち溢れ、ご自分にも周囲にもとても厳しい方でしたが、だんだん弱って行く過程で、周囲への感謝だけを述べるようになっていったのを覚えています。

      死を意識すると、やはり人は変わるんだと思います。
      >> 続きを読む

      2013/01/11 by ice

    • 毎日楽しく生きてるので、このまま行くと最期の瞬間も微笑みながら迎えられそうです♪

      2013/01/11 by makoto

    • 評価: 5.0

      なにやらただならぬ題名のこの本、際物好きの「幻冬舎」から出版されている幻冬舎新書です。(あの、イギリス人女性を殺害して逃亡生活を送った市橋達也の手記を刊行するとか。)正式には「大往生したけりゃ医療とかかわるな 「自然死」のすすめ」で、著者は中村仁一さん。1940年生まれ。京都大学医学部卒。現在社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長、医師。1996年4月より、市民グループ「自分の死を考える集い」主宰。(以上は巻末の著者略歴より)今年かなり売れて、売上ランク上位10位に食い込んだ本です。

       この本のスゴイところは、医療、特にガンにかかわる生き死にの有り方において、抗がん剤などの化学療法、放射線療法を否定することにあります。むしろ「死ぬのは「がん」に限る。ただし、治療はせずに。」(本の帯にある文句)という主張をしています。

       ガンが痛むのは、ガンを治そうとして施される上述の治療が、体を痛めつけることにあるとしていて、そういえば、以前、佐藤秀峰さんのマンガ「ブラックジャックによろしく」の「ガン医療編」で、患者の女性が抗がん剤を投与されてから、吐き気がとまらなくなったり、髪の毛が抜けたりする副作用が大きく出たという一節がありました。彼女はQOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)が大きく低下し、堕地獄の苦しみを味わったのでした。

       それでは、どんな死に方が良いか、というと、なんと「餓死:餓え死に」=「自然死」
      です。こうあります:

      ・・・・・・・・・・
      「飢餓」・・・脳内にモルヒネ様物質が分泌される
      「脱水」・・・意識レベルが下がる
      「酸欠状態」・・・脳内にモルヒネ様物質が分泌される
      「炭酸ガス貯留」・・・麻酔作用あり
      詳しくは次の章で述べますが、死に際は、何らの医療措置も行わなければ、夢うつつの気持ちのいい、穏やかな状態になるということです。これが、自然のしくみです。自然はそんなに過酷ではないのです。(・・・という理屈です:筆者注)
                P49

      ・・・・・・・・・・・

      この説が正鵠を射ているのなら、貧乏人の私がガンに罹ったとき、手術を含む高額医療を受けるのは不可能であろうし、せめて死に際にはモルヒネ注射くらいはしてもらいたいと思っていましたが、ただ、なんにも食べずに=餓えて、脳内にモルヒネ様物質が出来るなら、これほどの福音もありますまい。欣然と死に赴けますね。なお、点滴もしない、水も飲まないという選択をすると、ほぼ7日―10日で死ねる、とのことです。

       また、昔の人の場合、ガンなどで体調を崩した人は家族から離れて、食も細くなり、前述のメカニズムで安楽に死へと赴く人が多かったろうとのことです。「食べないから死ぬのではなく、「死ぬ時」だから食べなくなる。」・・・とも書かれています。これが中村さんの言う「自然死」です。

       近年の医療は、なるべく「患者の死期を遅らせる」という観点でケア技術が発展してきましたが、食物が飲み込めなくなった(嚥下障害)とき、いろいろな手を使って延命を図ってきました。「鼻からチューブ」、「胃婁(いろう)=胃に直接食物を注入する」「ブドウ糖の点滴」・・・これらは患者のQOLを下げるので問題だし、やらないほうが良い、との中村さんの意見です。

       ただ、問題なのは、「ガンで自然死」=「医師に看取られない死」の場合、「不審死」ということで、警察の厄介になることが多く、事情を知った往診医を見知っておかねばならない点、「ガンは治療すべきだ」との医学の常識と戦わなければならないのですね。黙っていると家族が「保護責任者遺棄致死の罪」に問われかねません。

      最後に:なかなかインパクトのある本でした。ガンを克服するのが餓死・・・逆説的ながら、考えさせられる本です。ただ、一点知りたかったのは、この自然死、すべてのがんに適用できるかといったことです。
      >> 続きを読む

      2012/12/22 by

      大往生したけりゃ医療とかかわるな」のレビュー

    • 身近に亡くなった方もいないので、死については漠然としています。

      苦しまないで死にたいですけど、できれば元気で生きていたいですから難しいですね。 >> 続きを読む

      2012/12/24 by aimi☆

    • >aimiさん
       あなたは学生で、将来のある身ですから、「生死」について真正面から悩む必要はないかも。でも、もし考えることがあるなら、それはあなたにとって、貴重な経験になるでしょう。 >> 続きを読む

      2012/12/24 by iirei


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ダイオウジョウシタケリャイリョウトカカワルナ シゼンシノススメ
    だいおうじょうしたけりゃいりょうとかかわるな しぜんしのすすめ

    大往生したけりゃ医療とかかわるな - 「自然死」のすすめ | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚