こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

日本の醜さについて 都市とエゴイズム (幻冬舎新書)

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 井上 章一
いいね!

    「日本の醜さについて 都市とエゴイズム (幻冬舎新書)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      「日本の醜さ」とは、これまた煽ってますねぇ。対象となっているのは日本の都市景観や街並みです。知らなかったことをいろいろ学べたという点で、知的欲求は満たされましたが、著者の主張は頷けませんでした。でも、不快感はなく、すんなりと読めたんですね。不思議でした。

      2018/11/16 by

      日本の醜さについて 都市とエゴイズム (幻冬舎新書)」のレビュー

    • イタリアがお手本?イタリアは絶対王政ではなく都市国家なので州によって成り立ちも個性も当然街並みも異なりますよね。古さならヨーロッパにはいくらでも旧市街がありますし。
      今の日本の都市計画は100年前の「近代建築」をベースにしたル・コルビュジエのプランが元になっていて、官僚主義もあって全てがコピペみたいな町に作り変えられてしまいました。
      最近ようやく日本でも俯瞰した都市の地図的整合性機能性ではなく、歩く人の目線や速度にマッチした街づくりを意識し始めたように思います。
      第一猥雑な町の方が活気がありますよね。
      モロッコのフェズなんかまさにそれがウリですからね〜。
      みてくれの美しさと楽しさ、住みやすさはどう両立するかを語らないと都市論になりません。人間の営みのない都市は都市ではないですよね。
      >> 続きを読む

      2018/11/20 by 月うさぎ

    • >月うさぎさん

      再び、コメントありがとうございます。

      >みてくれの美しさと楽しさ、住みやすさはどう両立するかを語らないと都市論になりません。
      おおっ! まさにその通りですね。過不足のない本質を突いたお言葉にナットクです。


      >> 続きを読む

      2018/11/20 by かんぞ~


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    日本の醜さについて 都市とエゴイズム (幻冬舎新書) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本