こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

喰ったらヤバいいきもの

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 平坂 寛
いいね!

    「喰ったらヤバいいきもの」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      タコでも、ナマコでも、シャコでも、イナゴでも、ウナギでも、
      最初に「食べてみよう」と思った人はとても勇気があると思う。

      「これ、食べてみようか」という人探究心は、きっと私たちの
      DNAに組み込まれているはず。ただ、それが眠ったままでいる
      のか、常に活動しているのかが私と著者の違いなんじゃないか。

      食べてます。いろんな生き物を。しかも、誰に頼まれたのでも
      ないのに「それ、食べて大丈夫なのか?」という生き物を食べ
      てます。

      冒頭のオオカミウオなんてその見た目だけで強烈なインパクト。
      フィリピンの人たちがたんぱく源として珍重しているという
      フナクイムシなんてわざわざ食べなくても生活して行く上で
      何の支障もないのに食べている。

      なぜ、食べるのか。それはひとえに著者の「生き物への愛」ゆえ
      なのだそうだ。知りりたい・見たい・触りたい。ここまでは分かる。
      もっともっと、生き物を知りたい。だから食べてみるとなると、
      理解出来るような、出来ないような。

      本書では全27種の生き物を捕獲する過程から調理と食べた結果まで
      がかなりコンパクトにまとめられているので、いささか物足りなさ
      もある。

      文章自体は非常に軽いノリで書かれているので、これは読み手に
      よっては合う・合わないがあると思う。私はあまり好きな文章では
      なかったわ、残念ながら。同じような文章が多いのが引っ掛かって
      しまったのよね。

      テレビのバラエティ番組でも活躍中らしい著者である。これからも
      見て・捕って・触って・食べてを繰り返して行くのだろうな。くれ
      ぐれもお体、お大事にと思わずにいられない。

      尚、本書では禁断の美味といわれるバラムツも食べている。人間の
      内臓が分解できない脂を持つバラムツ。やっぱり食べるにには紙
      おむつ着用が必要なのね。
      >> 続きを読む

      2017/10/29 by

      喰ったらヤバいいきもの」のレビュー

    • (食品としての実績が有るものは)何でも食べてみようと思う方なので、とても面白そうです。

      でも、紙おむつはイヤだなぁ。。。(笑)
      >> 続きを読む

      2017/10/30 by ice

    • >本書では全27種の生き物を捕獲する過程から調理と食べた結果まで
      世界にはいろいろな食文化がありますが、これってそういう話じゃないんですね!!
      著者がリアルに食べてるんだ…。チャレンジャーだなあ。
      私は食べる必要のないものを食べるために殺す必要を感じない人なので、著者とは発想がどうも違うみたい。
      >> 続きを読む

      2017/10/30 by 月うさぎ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    喰ったらヤバいいきもの | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本