こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

水戸黄門

カテゴリー: 小説、物語
定価: 610 円

歴史小説の雄編「徳川家康」の山岡荘八が、講談でおなじみの水戸黄門に新しいいぶきをあたえたおもしろさ満点の名作!「水戸黄門」ときは、犬公方・五代将軍綱吉の治世であった。綱吉をとりまく権臣は、柳沢美濃守吉保であり、その子吉里。そして、水戸藩の家老の身でありながら、黄門光圀をひそかにほうむらんと陰謀をめぐらす。能役者あがりのぶ気味な男藤井紋太夫であった。水戸城下の筆屋の美しいふたり娘千鶴、お藤も騒動にまきこまれていく。千鶴こそ光圀のおとし胤であった。みちのくへの旅に出かけたとみせかけ、水戸西山荘をたった黄門光圀、したがう助さん、格さんの行くてにまつものは何?おもしろさ抜群の「水戸黄門」の物語。

いいね!

    「水戸黄門」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ミトコウモン
    みとこうもん

    水戸黄門 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本