こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

陽気なギャングが地球を回す

長編サスペンス
4.1 4.1 (レビュー25件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 660 円

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった...はずが、思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を、逃走中に、あろうことか同じく逃走中の現金輸送車襲撃犯に横取りされたのだ!奪還に動くや、仲間の息子に不穏な影が迫り、そして死体も出現。映画化で話題のハイテンポな都会派サスペンス。

いいね! tadahiko

    「陽気なギャングが地球を回す」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      明るくて軽快なサスペンス。
      映画『スティング』を観てるような気持ち良さがあって、
      読んでる最中も読後も清々しかった。

      とにかく設定からしてユニーク。
      作戦を練るのが人間ウソ発見機の男、
      表舞台に立つのが演説の達人の男、
      細かく立ち回るのが天才スリの大学生、
      車を運転するのが体内時計を持つ女、
      この4人で陽気に銀行強盗をやってのける。

      逃走中、現金輸送車襲撃犯に横取りされてしまうコトから
      物語は大きく変わっていく。

      誘拐、殺人、裏切り…暗くなる要素がいっぱいあるのに
      まったく感じさせないのは、
      登場人物の会話にシリアスさがないからだろう。

      やはりこのストーリーのキーになる台詞は
      「ロマンはどこだ」
      演説の達人、響野が犯罪のスタートラインに立った時に呟く。
      個人的には彼が一番好きだ。
      >> 続きを読む

      2019/01/28 by

      陽気なギャングが地球を回す」のレビュー

    • 評価: 5.0

      再読。
      楽しい時間はあっという間に過ぎる。
      読み終わった思ったのはそんな事。とにかく楽しい小説!

      4人組の銀行強盗ががちゃがちゃわいわいしながら、騒動に巻き込まれるお話。
      4人とも特殊能力を持ってて、キャラも立ってるし愛くるしい。

      ・嘘を見破ることができる人間嘘発見器。市役所勤務。係長。
      ・動物を愛してやまない天才的スリ師。まだ20歳そこそこの青年。
      ・嘘をつくために生まれてきたような男。演説が得意。喫茶店マスター。
      ・正確無比な体内時計を持つバツイチ、一人の息子をもつお母さん。

      最後の最後まで飽きさせないストーリー展開。
      どっちが上手か、騙し合い探り合い。
      伊坂幸太郎特有のおしゃれでとんちの効いた会話が炸裂するのもこの物語の特徴かな。
      主人公同士の会話シーンがいちいち面白い。

      このシリーズ、あと2作ある。
      また彼らに会えるのが楽しみすぎる。
      >> 続きを読む

      2018/05/05 by

      陽気なギャングが地球を回す」のレビュー

    • 普通に考えると陽気なギャングが地球を回したら大変な事になりますよねw

      2018/05/05 by 澄美空

    • 澄美空さん
      いや、この4人になら回されてもいいかなって思えますよw

      2018/05/06 by ねごと

    • 評価: 4.0

      伊坂幸太郎の作品群でもこれはあまり好きなシリーズじゃなかったのだが、久しぶりに読み返すと楽しく見れた。

      4人の能力を生かして銀行強盗をする。
      それが非常にオシャレなので、クライムものとしての読みごたえがある。

      能力の棲み分けがなされているので、各人に見せ場がしっかりとある。
      それでも響野のおしゃべりには意味があるのかと思うけど(笑)

      伊坂作品らしく伏線がきっちり回収されるし、暗い過去もあったりするのだが、それをサラッと描く作風も好感が持てる。
      >> 続きを読む

      2018/01/17 by

      陽気なギャングが地球を回す」のレビュー

    • 評価: 3.0

      この本を読んだのは10年ぶり2回目。

      本筋とは全く関係ないですが、成瀬の息子タダシ君に関する記述がとても好きです。

      参考・引用文献には自閉症に関するものが5つも並んでいますので、色々調べて知って書かれたんだなぁと思います。
      なので、読んでて「?」と違和感を感じることがなく、「そうそう、自閉症の子ってそんな感じ!」と頷ける上に成瀬や久遠が語る言葉からは愛情が感じられて、なんだかうれしくなりました。


      ストーリーも、色々な伏線がキレイに回収されていきスッキリ。
      おもしろく読めました。


      >> 続きを読む

      2017/08/08 by

      陽気なギャングが地球を回す」のレビュー

    • 評価: 3.0

      伊坂作品を読んだのは今回が初めてでした。

      彼らのように華麗に大金を奪って忽然と消えてしまう銀行強盗は実際に存在するのだが、やはりカッコいいと思ってしまうのだわ。
      いったい銀行強盗のどこにカッコよさがあるのだろう。
      うーん、そうだな。
      まず、大金を手に入れるところか。
      大金持ちになりたいのは万人の夢だもの。
      このレビューを読んでる君もお金が大好きなはずだ。
      通常、大金を手に入れるには時間がかかる。
      でも銀行強盗はあっという間に大金を手に入れてしまう。
      そこがまたカッコいい。
      もっと言うと彼らはコソコソなんてしない。
      白昼堂々と銀行に入り、多くの人の眼の前で大金を盗み取ってしまう。
      そこがまた拍車をかけてカッコいい。

      君が朝8時に出勤して憂鬱な気持ちでデスクに座り、神経をすり減らして働いて、終業時刻を回っても周囲に気を遣って無意味に残業、夜の9時に家に着いてスーパーで買ってきた2割引のお惣菜と発泡酒をテーブルの上に出してテレビをつける、するとニュースがこう報じるわけだ。
      「今日のお昼に○○銀行に強盗が押し入り、現金4000万円を盗んで逃走しました。」
      君が死んだ目で仕事をしてる裏側で、強盗団は君の業務時間より遥かに少ない時間で、君の年収の何倍もの大金を手に入れてしまったと。
      しかも彼らは犯行を楽しみながら、誰も傷つけず、騒がせず、オマケにユーモラスなスピーチまで付けてくれた。
      最高に皮肉が効いたロマンある話だ。

      いやいやまてまて、犯罪はロマンか?
      犯罪とは罪を犯すと書くわけで、法律を破る行動のことだ。
      法律は国が勝手に決めたルールだうんぬんはこの際置いとく。
      犯罪はルールを破ってるんだからとりあえずいけないことだね。
      でもニュースは連日のように犯罪を報じる。
      テレビとかは「こんな犯罪やっちゃダメだよ」という考えで報じてるのかもしれないけど、お父さんは苦いニュースを肴にしてお酒を呑んでるわけだ。
      そう、僕らはテレビが伝える犯罪を娯楽として享受している。
      報道も視聴者も気付かないうちに、犯罪には退屈な日常に刺激を与える娯楽のような役割ができているようだ。
      逆説的に(言葉あってる?)犯罪は娯楽なんだから、当然ロマンとユーモアがある方が好まれる。
      なるほど、犯罪はロマンかもしれない。

      タイトル「陽気なギャングが地球を回す」
      このタイトルは最高だ。
      このタイトルには強盗団のリーダー、成瀬の「世の中には犯罪らしい犯罪が必要なんだ」という彼なりの哲学が表れている。
      犯罪は世の中を楽しませるエンターテイメント。
      そして俺たちはプロのエンターテイナーだ。
      うーん、カッコいい。
      >> 続きを読む

      2016/03/13 by

      陽気なギャングが地球を回す」のレビュー

    • ポップな感じが楽しかったです♪

      2016/03/14 by ice

    もっとみる

    関連したレビュー

      祥伝社 (2003/02)

      著者: 伊坂幸太郎

      他のレビューもみる (全4件)

      • 評価: 3.0

        図書館で借りました。

        面白かったです!
        まさに伊阪幸太郎の面白さ。
        寝る時間になっても途中で止めることが出来ず、
        家族に文句を言われながら、一人リビングに下りて一気読みしました。
        二時間ちょっとで読めたかなー。

        久しぶりの止められない止まらない小説でしたが
        家の本棚にゼヒ!とまではいかないかなぁ。
        >> 続きを読む

        2012/07/01 by

        陽気なギャングが地球を回す」のレビュー

      • この本、近々読む本ストックの中の1冊です♪
        止まらなくて夜更かしして読書って幸せな時間ですよね~ >> 続きを読む

        2012/07/01 by chao

      • chaoさん。
        幸せな時間ですよねー!!堪能しました♪
        chaoさんも堪能してくださいね。 >> 続きを読む

        2012/07/01 by oka-azu


    最近この本を本棚に追加した会員

    123人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ヨウキ ナ ギャング ガ チキュウ オ マワス チョウヘン サスペンス
    ようき な ぎゃんぐ が ちきゅう お まわす ちょうへん さすぺんす

    陽気なギャングが地球を回す - 長編サスペンス | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本