こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

夏が僕を抱く

2.0 2.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 600 円

ゆっくりと遠ざかり始める、夏休みの記憶と、君。淡くせつない、おさななじみとの恋を描く最新短編集。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね!

    「夏が僕を抱く」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 2.0

      豊島ミホの新作!
      ということで期待して購入。
      テーマは幼馴染。

      なんとなく、求めていたものと違う…
      全編通してそういう印象を受けた。

      女性から見た幼馴染との恋愛、だから男には共感しにくいものがあるのかも。
      結局最後まで物語に入り込めなかった。

      綿矢りさの解説は結構印象に残った。
      「誰かと一緒でなければ過去へは戻ることができない」(超意訳)
      これは確かにそうだと思った。
      「誰かと一緒なら過去に戻ることができる」
      だったかもしれない。
      これを読んで、改めて本編を振り返ると、いろいろ納得できる気がした。
      >> 続きを読む

      2012/10/01 by

      夏が僕を抱く」のレビュー

    • 私のオットは中学の同級生ですから幼馴染に近いです。
      えっとですね。
      四半世紀以上知っているとですね。普通に家族と変わりません。
      過去に戻るって、そういう体験は、兄弟とも親とも共有できるのでは?
      親戚とか従兄弟と結婚する人もいるでしょう?
      それと大差ないですよ。たぶん。
      こういうネタを妄想で楽しめる人は逆にうらやましいわ。
      そんな物語になるようなモンではありませんよ。現実は。( ̄▼ ̄*)
      >> 続きを読む

      2012/10/01 by 月うさぎ

    • いやー、あだち充で育ったせいか、幼馴染という存在には
      謎の魅力を感じてしまうんですよね。
      現実的に考えてみると、確かにピンと来ないんですけどねー。
      >> 続きを読む

      2012/10/02 by bambi

    関連したレビュー

      祥伝社 (2009/07)

      著者: 豊島ミホ

      • 評価: 評価なし

        「異性の幼馴染」をテーマにした短編集。本を読んでみて思うけど、「幼馴染」という関係は恋愛関係になりやすいなと改めて思う。恋愛のプロセスとして「お互いを知る」という部分が解っているのだから。6編の短編集は「これから恋愛関係になりたい」「すでに他の世界を知り、やはり幼馴染の彼(彼女)がいい」という色んなシチュエーションが楽しめる。個人的には「変身少女」「らくだとモノレール」がグッとくるかなあ。不謹慎ではあると思うけど切ないのが琴線に来るのです。「これからがんばれ」と応援したくなるので。感想はこんなところです。 >> 続きを読む

        2016/05/22 by

        夏が僕を抱く」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ナツガボクオダク
    なつがぼくおだく

    夏が僕を抱く | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本