こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

パラスティック・ソウル = Parastic Soul

4.0 4.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,050 円

舞台は近未来、国と国境制度が廃止され、犬耳・犬尻尾を持つ人類が誕生した世界。とある天才科学者の作った願いの叶う薬から始まる、五つの“愛”の物語―。とある科学者の葬儀に招かれた四人は“願いの叶う薬”をもらう(「プロローグ」)。「君の気持ちは偽物だから」―ジョエルは、結婚式をすっぽかした恋人に意外な告白をされる(「fake lovers」)。芭亜斗は父の遺産の在り処を聞き出すため、兄・祁壜の遺体を掘り起こして“薬”を飲ませるが―(「dear brother」)。五歳児前後の知能しか持たない少年ニコラスと、人間並みの知能を持つ老犬ジョンはいつも一緒だった(「eternal friend」)。

いいね!

    「パラスティック・ソウル = Parastic Soul」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      20XX年の近未来、人間とワクチンの副作用による突然変異で
      犬の様な尻尾と耳を持つ人種(ビルア種)が共存する世界

      とあるお屋敷の主人が亡くなり、そこの主人とは面識がなかったが
      屋敷に住むライヴァンから最後の晩餐に招待された4人が帰る時に
      主人の形見分けとして貰ったのが"何でも望みを叶える薬"2粒

      その薬を貰った4人の物語

      第1話《fake lovers》を読んだ時にいつか幸せになります様に!!って願ったけど
      第2話《dear brother》は何だろうねぇ〜悲しいって言うか… そう来たか!!状態(;´д⊂)
      第3話《eternal friend》は痛い苦しい☆⌒Σ(≧д≦)
      かろうじて《fake lovers》はBLだけど他の話はBLでは括られない違う話
      さすが、さすが、読んだ後こんな気持ちになるのは木原さんだけΣ(o>艸<)

      なんて言うのか苦しい気持ち!!読後感と余韻は木原小説ならでは\(◎o◎)/
      >> 続きを読む

      2012/04/17 by

      パラスティック・ソウル = Parastic Soul」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    パラスティックソウル
    ぱらすてぃっくそうる

    パラスティック・ソウル = Parastic Soul | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本