こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

シャーウッド (上) (ウィングス・ノヴェル)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 駒崎 優
いいね!

    「シャーウッド (上) (ウィングス・ノヴェル)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      シャーウッドといえばロビン・フッド。ロビン・フッドと聞けば食指が動く。本書が発売されてから一年あまり、ようやく手に入れて読んだ。

      物語は、シャーウッドの森に一人の少年が逃げ込んで始まる。森に集まった無法者たちの仲間となり、捕まれば縛り首になるという運命を受け入れた少年トマスを中心に話が進む。
      それぞれの事情で無法者となった男たちは義賊ではあるが、ロビンという名の男はいない。ロビン・フッドという名が世間に広まり、一人歩きをしている。そこに、この作品の面白さがある。だから、「もうひとつのロビン・フッド物語」と帯にあるわけである。

      作者あとがきによれば、学生時代に研究したことが物語にいかされているとか。英国中世は個人的に興味のある時代なので、わくわくしながら読んだ。下巻ではどういう展開になるのか、とても楽しみ。

      >> 続きを読む

      2018/01/13 by

      シャーウッド (上) (ウィングス・ノヴェル)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シャーウッド (上) (ウィングス・ノヴェル) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本