こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

いとを繋いだその先に (ディアプラス文庫)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 栗城 偲
定価: 670 円
いいね!

    「いとを繋いだその先に (ディアプラス文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      コミュ障で引きこもりのシナリオライターと、お人好しさからよく騙されているヤンキーのお兄ちゃんのお話。トラブルに巻き込まれ、地元で世話になっていた老人を訪ねたら老人はとっくに世を去っており、代わりに変な男が住んでいた。そこに一旦お世話になるが、相手がとにかくコミュ障で、糸電話越しに会話する生活が始まる。
      全体的なテンポも雰囲気も良く、それぞれのキャラの性格も出ていてとても良かったです。コミュ障の人はオタクですが、非オタに自分の趣味を押しつけないタイプではあるもののところどころにオタクの片鱗が滲んでいて微笑ましい。ヤンキーのお兄ちゃんもなるほどヤンキーだったんだなと思えるシーンがあったりして、どちらも生き生きしていました。
      最後も綺麗に纏まっていて、読んでみて良かったと思えた作品です。
      >> 続きを読む

      2014/11/14 by

      いとを繋いだその先に (ディアプラス文庫)」のレビュー

    • >コミュ障で引きこもりのシナリオライターと、お人好しさからよく騙されているヤンキーのお兄ちゃんのお話。

      やっぱり恋愛って自分にないものをもっている人に惹かれるんでしょうか。ふむむ。
      >> 続きを読む

      2014/11/14 by ただひこ

    • >糸電話越しに会話する生活が始まる。

      せめてメールとかでよかったんじゃ…笑
      糸電話ってほんとにちゃんと声届くんですかね!やってみたいです!! >> 続きを読む

      2014/11/14 by RAY-ROCK


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    いとを繋いだその先に (ディアプラス文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本