こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

パラスティック・ソウル(1) (ディアプラス文庫)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 木原 音瀬
いいね!

    「パラスティック・ソウル(1) (ディアプラス文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      旧版既読。
      最初読んだ時、近未来SFも書けるのか!!とその力量に驚いたけど…
      やっぱ何度読んでも面白い木原ワールドヾ(≧∇≦)〃

      ⚫︎プロローグ
      とある科学者が死に、
      最後の晩餐に縁もゆかりもないのに
      招かれた四人に渡された〝願いの叶う薬〟

      ⚫︎fake lovers
      ビルア種でホープタウン(貧民街)出身の大学生・八尋は
      親が高級官僚で金があるのをいいことに好き放題やってる
      同級生のジョエル・ハワードから執拗に子供じみた嫌がらせを受けていた
      八尋はまったく相手にしてなかったが恋人を奪われ怒り心頭!!
      そこである仕返しを思いつき実行する……

      全てをなげうって自分に執着するジョエル
      罪悪感と愛情に苛まれる八尋

      〝願いの叶う薬〟を飲ませた時は
      まさか自分がこんなに好きなるとは思わなかった…

      友達から恋人、恋人から婚約者
      そして婚約を解消した八尋とジョエル

      別れてもモヤモヤする2人
      そんな時、八尋が……



      ⚫︎dear brother
      お金に困ったテロリスト、芭亜斗(バート)は
      亡くなった兄の祁壜(ケビン)が
      父親の遺産の鍵を 持っている事を知り
      お金の在りかを聞き出そうとして
      防腐処理している兄の遺体を掘り出すが
      芭亜斗が本当に欲しかったのは?
      そして祁壜がひた隠しにする秘密と気持ち…


      ⚫︎true lovers
      《fake lovers》その後、
      愛情の種類が違うと分かったもののまた恋人としてよりを戻した2人

      ⚫︎newlyweds
      《true lovers》新婚さんですよ~L(○ ̄L) 



      今回は八尋と恋人ジョエルのその後の話が読めて良かった…
      きっと大丈夫、と思ってたんだけどこれで一安心(*´Д`)=з

      バートとケビンの話は木原さんらしい痛い話。・゚・(ノД`)・゚・。
      この手の話はホント上手だね~w(*゚o゚*)w
      切ないとか痛い!!とか書かせたら天下一品!!(。-‘ω´-)キッパリ!!



      >> 続きを読む

      2018/12/25 by

      パラスティック・ソウル(1) (ディアプラス文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    パラスティック・ソウル(1) (ディアプラス文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    マーニー教  再発見された古代の信仰