こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

パラスティック・ソウル(3) (ディアプラス文庫)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 木原 音瀬
いいね!

    「パラスティック・ソウル(3) (ディアプラス文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      旧版既読。
      《dear brother》の芭亜斗(バート)がメインのお話
      近未来SFからの~添い遂げる事を選んだ
      壮大な愛の物語へ…(。-`ω´-)キッパリ!!

      やっぱ何度読んでもいい話。
      涙でるほどいい話だよ(〃艸〃)ムフッ
      書下ろしで芭亜斗とライヴァンのその後、
      子供の話が読めたので満足(*^-^*)
      2人の子供・芭蘭も幸せになって欲しい…。


      ⚫︎god child
      《dear brother》からの壮大な物語。
      〝願いの叶う薬〟で芭亜斗の最愛の兄・祁壜が一度生き返ったが…
      再び兄を失ってしまい途方にくれる芭亜斗。
      なんとかもう一度薬をもらおうとライヴァンの元を訪れるものの
      薬はもうない…と、そして死者は蘇らない、と相手にされない
      兄をどうしても諦めきれない芭亜斗はライヴァンを監禁
      何も語らないライヴァンに
      自白剤入りの食事を与えると
      口調が幼くなり「僕を助けて……」と別の人格が現れる
      多重人格だとライヴァンは言うが…

      ライヴァンを監禁してた屋敷が火事に
      自白剤の影響で意識のないライヴァンを
      連れ出し自分が昔住んでた家の物置小屋に身を寄せるも
      芭亜斗は酷い火傷を負い立場が逆転
      何だかんだ言いながら芭亜斗の面倒を看るライヴァン
      次第に2人の間に育っていく感情

      芭亜斗の前に現れるビルア種のアレクセイ
      意味ありげなアレクセイの言葉に
      芭亜斗アパートが火事になり兄の死体も燃えてしまう。
      自分が狙われているかもしれないと思ったライヴァンは
      芭亜斗の傍から離れようとするが
      反対に芭亜斗はライヴァンから離れるたくない

      そんな時にライヴァンはアレクセイ(ブロイルス)に銃で撃たれ…


      ライヴァンとブロイルスの確執
      ライヴァン秘密
      ハイルビアの真実

      血だらけのライヴァンを前にして自覚する思い…
      目が覚めたライヴァンは芭亜斗の知ってるライヴァンではなかった…



      その後、芭亜斗は再びライヴァンに逢うために新たな道に進む
      また逢えるのを信じて


      ⚫︎parasitic soul
      兄が焼けて灰になりライヴァン撃たれた事件の後、
      世界警察に出頭した芭亜斗は執行猶予中に大学に進学
      遺伝子研究室に入り人工体の研究に没頭
      それから7年
      大学の准教授になり研究に勤しむ芭亜斗・荒木と
      人工体から目覚めたハイルビア種のライヴァンも12歳の小学生に
      それなりに幸せに暮らしていたが
      動画サイトにハイルビアの真実を訴え糾弾する投稿映像が…
      不安を覚える芭亜斗
      しかしライヴァンはそんな投稿より芭亜斗と
      恋人としての繋がりを欲しがった
      芭亜斗はライヴァンを愛しているが
      それは恋人というよりも家族愛の気持ちが強く
      2人の間がギクシャクと…

      一方、芭亜斗の上司でもあり同僚の八尋惣は
      研究室のスポンサー的存在のシェペレンに困っていた
      シェペレンは人工体に興味があるらしく
      芭亜斗がシェペレンの相手をするが

      胡散臭いシェペレン
      シェペレンが大事にするお犬様

      大学の卒業パーティーで何者かに拉致されるライヴァン
      それを助けようとする芭亜斗

      死んだと思っていたブロイルス

      ハイルビアの組織《虫》に目を付けられた
      芭亜斗とライヴァンが選んだ道は?


      ⚫︎next age
      愛を全うした芭亜斗とライヴァン
      2人の子供・芭蘭は同じルビア種のクリス(ハイルビア)と結婚したが
      クリスは仕事の一環で芭蘭と結婚しただけ…
      何も知らない芭蘭
      "永遠"を生きるはずのがクリスが
      死を知って愛を知ってしまい戸惑う

      ⚫︎stay close
      《parasitic soul》のその後
      事故で命を落としてしまったライヴァンと
      その場で脳死判定されたルビア種の女の子
      ライヴァンに会いたい芭亜斗は…
      そしてライヴァンの願いは…


      永遠の命よりも大事なモノ
      自分が手に入れた永遠の恋人



      移る魂 /永遠の命
      >> 続きを読む

      2018/12/28 by

      パラスティック・ソウル(3) (ディアプラス文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    パラスティック・ソウル(3) (ディアプラス文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本