こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

狼の遠き目覚め (モノクローム・ロマンス文庫)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: J.L.ラングレー
定価: 972 円
いいね!

    「狼の遠き目覚め (モノクローム・ロマンス文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      前作より断然こっちの方が面白かった。
      読み応えバッチリヾ(≧▽≦)ノ 

      前作で事件に巻き込まれ
      瀕死の重傷を負ったレミ(ホモフォビア/同性愛嫌悪)は
      人狼ジェイク(ゲイ)の血で助かるがその血でレミも人狼になってしまう。

      人狼として生き始めるレミ…判らない事がまだいっぱい(-ω-;)
      そんな中、レミはジェイクともよい友人として付き合い始めるが
      レミはジェイクを見ると変な気持ちになってしまう
      実はレミはジェイクのメイト(運命の伴侶)
      ジェイクの方は一目見てレミがメイトだと判ったが
      レミにはまだそこのところが判らない…
      人狼になったばかりのレミを温かく見守りそのうちに、
      この想いを、とジェイクは思っていたけど……。

      レミには弟・スターリングがいてレミの全て
      レミは父親の長年にわたる暴力的な支配も弟の身の安全の為耐えてきた。
      自分が我慢、耐えていれば弟には手を出さない。
      子供の頃から…そして大人になって家を出た今でも
      暴力的な父親から人生を支配されている。

      普段、高慢ちきで高飛車なレミの態度は仮の姿
      本当は情にあふれた優しい人
      しかし父・ダークから自分の周りを守るには
      そんな態度を取るしかなくレミの父は部族警察官で権力もあった……。

      愛するメイトのそんな状態を知ったジェイクはレミを守るため
      そしてレミは父の暴力が弟に及びそうになったため
      立ち向かう事を決意する。

      レミには心の奥に封印した忌まわしい記憶があり
      その記憶こそが父・ダークから解放される鍵になる

      人狼になったレミの性別と種族を越えた愛と
      封印された記憶からの解放
      父親からの呪縛から抜け出し新しい人生を歩み始める物語。

      これはBLじゃなくゲイ小説。
      やっぱり日本のBLとは何かが違う(。+・‘ω・´)キリッ
      ゲイ抜きにしても面白かった。
      続編が今から楽しみ(〃艸〃)ムフッ
      >> 続きを読む

      2014/05/19 by

      狼の遠き目覚め (モノクローム・ロマンス文庫)」のレビュー

    • >アライグマ さん

      読み応えバッチリで面白かったですよ(〃艸〃)ムフッ
      設定がしっかりしてて良かったです!(b^ー°) >> 続きを読む

      2014/05/20 by あんコ

    • >RAY-ROCK さん

      前作より面白かったですよ!(b^ー°)
      腐女子って意外と多いので
      BL読んでる人はけっこういると思いますよ~。
      ただBLは屁みたいな作品から素晴らしい作品まで
      もの凄く幅が広いです。
      ハズレを読んだら『ふざけるな(ノ`Дˊ)ノ⌒ ┻┻』ってなります(。-`ω´-)キッパリ!!
      >> 続きを読む

      2014/05/20 by あんコ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    狼の遠き目覚め (モノクローム・ロマンス文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本