こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

高貴なる賭け(仮) 叛獄の王子2 (モノクローム・ロマンス文庫)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: C・S・パキャット
いいね!

    「高貴なる賭け(仮) 叛獄の王子2 (モノクローム・ロマンス文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0


      王位継承に絡んだ陰謀に嵌められた二国の王子、ローレントとデイメン。
      BLとか抜きに異国の王位継承を巡る物語として読んでも面白い(。+・`ω・´)キリッ

      アキエロスの世継ぎの王子デイメンは
      妾腹の兄・カストールの陰謀により
      奴隷として同盟を結んだばかりの
      かつての敵国・ヴェーレの王子ローレントに差し出される。
      ローレントは金髪碧眼の美青年。
      感情のない表情と
      兄を殺したアキロスを憎む心を持っていた。
      ヴェーレを抜け出して国に帰る事が出来ないと悟ったデイメンは
      奴隷として王子に忠誠を誓いつつ脱出の機会を狙っていたが…
      権謀術数蠢く城の中、ローレントは後見役のはずの叔父(執政)の策略で
      領地を取り上げられ国境警備へと追いやられる。…までが1巻

      ローレントはデイメンと直属の兵と
      執政の兵たち(烏合の衆の兵士たち)と行軍するが
      執政の兵たちはローレンとに協力するつもりはなく心もとない道行
      しかしデイメンはこの状態から軍隊を訓練しなおし
      バラバラでまとまりがない状態だった彼らを訓練を通してまとめあげる。
      その間、執政の手の者が色々仕掛けてくるが
      全て躱していくローレント
      ローレントも知力にたけ作を巡らす
      デイメンはローレントと一緒に危機を乗り越えていくうちに
      ローレントの人となりが分かってくる
      ローレントの事が分かり始めると……
      自分とは全く正反対の性格のローレントの言葉に
      自分では気づかない考え方に驚いたりと新鮮な発見…
      そして何気にお互いの事が理解でき信頼でき距離が近付く

      何度も危機を乗り越えようやく着いた目的地
      しかしここも執政の手が…
      裏切者も軍隊にいてローレントは王子とは言え不利な立場
      執拗にローレントを追いつめる執政に
      あの手、この手で窮地を乗り切るローレント。

      自分の仕事はここまで…と、
      デイメンはローレントのもとを去ろうと思うが
      ここでまた執政の一手!!
      デイメンはローレントから
      執拗が兄・カストールと手を組んでいた事
      自分も盤上の駒の一つで
      最初から分かっててローレントに差し出されていたと…知る。

      ローレントに迫る執政の罠。
      ローレントの留守を守るデイメンの前に現れたアキエロスの軍勢





      手に汗握る…襲い掛かる敵の数々の罠
      誰が味方か裏切者か?
      躱しても、躱しても次々とあの手この手で執政はローレントを窮地に追い込むが
      ローレントもローレントで
      先の先まで読んでて計を巡らせ窮地を切り抜ける。
      またデイメン一緒に危機を乗り越えてるので
      ローレントがデイメンの誠実さに
      信頼し心を許していく様がツンデレ(笑)

      メイデンは身の危険を感じ自分の正体を隠しているが
      智略家のローレントは
      最初からメイデンの正体を知ってるんじゃないかな?
      メイデンは兄・カストールと執政が手を組んでいたと知り事の真相を察するが…
      この後どうなるのか?次巻が楽しみヾ(≧∇≦)〃

      >> 続きを読む

      2018/06/19 by

      高貴なる賭け(仮) 叛獄の王子2 (モノクローム・ロマンス文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    高貴なる賭け(仮) 叛獄の王子2 (モノクローム・ロマンス文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本