こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

「はずれ先生」にあたったとき読む本

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 立石美津子
定価: 1,404 円
いいね!

    「「はずれ先生」にあたったとき読む本」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      「はずれ先生」にあたったとき読む本。立石美津子先生の著書。”はずれ先生”に大事な子供を託すなんてとてもできないと思う保護者の気持ちは当然のこと。能力不足、努力不足、適正欠如の”はずれ先生”が教育現場に居続けられるシステムを改善すべきなのかも。そうでないと、保護者も真面目に働いている”あたり先生”も報われないから。

      2018/10/09 by

      「はずれ先生」にあたったとき読む本」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    「はずれ先生」にあたったとき読む本 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    幕末遊撃隊