こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

小説北畠親房

南北朝の梟
カテゴリー: 小説、物語
定価: 570 円

鎌倉幕府の滅亡から南北両朝の講和成立までの56年間、抗争と叛乱のやまぬ南北朝時代ほど複雑な時代はない。後醍醐帝の南朝と足利尊氏の北朝の、いずれが正しい皇統か?梟公家こと北畠親房は、後醍醐天皇を吉野山に迎え南朝をたてると、『神皇正統記』を著して南朝の正統性を訴える。本書は、南朝の政治的指導者親房を通して南北朝の動乱を描く。

いいね!

    「小説北畠親房」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ショウセツキタバタケチカフサ ナンボクチョウノフクロウ
    しょうせつきたばたけちかふさ なんぼくちょうのふくろう

    小説北畠親房 - 南北朝の梟 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本