こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

人を動かす

4.5 4.5 (レビュー16件)
カテゴリー: 人生訓、教訓
定価: 1,575 円
この書籍に関連するページ
2013年04月の課題図書

継表紙に布クロス装,函入りにした特装版

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね! gavin tomato yam oriedesi mee

    「人を動かす」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      何十年も歴史を超えて愛され続けている名著ですが、古典は古臭いという偏見を持ち続けていた私は手にとっていませんでした。
      先人の知恵を素直に受け止めることに気づき始めた最近、ついにこの本を読んでみることに決めました。
      数々の著名な人、私のような一般人の成功例を交えながら、人間関係の原則を教えてくれます。
      例えば、「笑顔を忘れない」という当たり前に思える原則一つとっても、その原則を守り続けた人々の成功を具体的なストーリーと共に示してくれるので他の著者にはない説得力を感じました。

      2018/01/08 by

      人を動かす」のレビュー

    • 評価: 5.0

      この本は人付き合いを円滑に進める方法が実在していた人物の話を例に上げながら、具体性をもって、書かれていました。そのため実践的でこれからの人間関係に活かせる本でした。

      我々は、自分に関心を寄せてくれる人々に関心を寄せる。

      人と仲良くなるには、相手の関心ごとに関心を寄せるという、大切なことをこの本から学びました。

      2017/03/12 by

      人を動かす」のレビュー

    • この本、読んだ時はまた再読しなくてはと思いつつまだ再読できていません。読んで「なるほどー」と思っても時が経つと忘れてしまいますが、この本は定期的に読み返して活かしていきたいと思える本でした。再読しなくては! >> 続きを読む

      2017/03/14 by chao

    • 評価: 4.0

      迷っている時に読んだ本。 タイトルは「人を動かす」であるが、内容は「自分を動かす指針」が書かれていると感じた。書いていてこんがらがるが、他人を動かすことと自分を動かすことは表裏一体なのかもしれない。 人間関係、コミュニケーションに悩む人にお薦めする。 行き詰まったら何度でも読み返したい本。

      2015/07/20 by

      人を動かす」のレビュー

    • すごく納得できる内容なんですが、実行するのは難しいですよね。私も何度も読み返したい本です。 >> 続きを読む

      2015/07/21 by ただひこ

    • 評価: 5.0

      数年前に人からすすめられて読んだ時、
      この本から大きな影響を受け、
      「これは頻繁に読み返そう!」
      と決めたのに、結局一度も読んでいなかった本・・・

      読書ログの課題図書になったおかげで、やっと読み直しました。

      多くの自己啓発本に比べ、圧倒的に実例が多く、
      「言っている事は分かるけれど、実際にどうしたらよいのか」
      といった迷いが発生しない点で、とても優れていると思います。

      名言をピックアップしようかと思いましたが、
      多過ぎて挙げきれないので、皆さん、本を読んでください(笑)
      再読の時には、目次だけ読んでもいいかもしれませんね!
      >> 続きを読む

      2013/04/30 by

      人を動かす」のレビュー

    • >makotoさん

      勝った♪(笑)

      >iceさん

      カーネギーが生きているうちは改訂を繰り返していたんですね。
      更新されなくなった今、あと何十年かしたら
      古臭いって言われてしまうのでしょうか。

      >sunflowerさん

      ですよね!次はそうしよう~と思っています。
      (これで再読のハードルが下がります 笑)
      >> 続きを読む

      2013/04/30 by アスラン

    • ウン十年前に読みました。

      あの頃から少しずつでも実践していれば今頃は・・・どうなってたんだろ!? >> 続きを読む

      2013/05/01 by suppaiman

    • 評価: 4.0

      正直手にちゃんととるまで、この本はドラッカーが書いたものだと思ってた。。

      この本で印象に残っていたのはリンカーンの話、リンカーンが実際には感情的に人を罵ったりする人だとは知りませんでした。
      終いには、決闘を申し込まれるぐらいまで。。

      その後リンカーンも変わっていくのですが、その変わった時のリンカーンの座右の銘が
      「人を裁くな、人の裁きを受けるのがいやなら」
      はじめコレを読んだとき、すごく逃げ腰になっていると感じた。

      でも読み進めていく内にそんな事はなく、人を裁くということは自分を裁くということ。という意味なんじゃないかと思うと、さすがリンカーン!っとうなずけた。
      相手の立場に立つことで、一方的な批判をしない為の合言葉だったのだろうと思う。

      しかし、この本見た目と違って結構面白かった。
      >> 続きを読む

      2013/04/30 by

      人を動かす」のレビュー

    • >しかし、この本見た目と違って結構面白かった。

      見た目、つまらないですか(笑)?

      2013/04/30 by アスラン

    • >adachidman さん

      リンカーンの話は極々一部なので、是非読んでみて下さい

      >makoto さん

      頑張ってください。
      私も2回ほどまだ読んでいない課題図書があるので、スキをついて読まねば!

      > ice さん
      考える事は確かに多かったです。
      なので私は、間隔を開けて再読予定です。

      >当然今月中に読み終われないエクスキューズです...
      了解しました(笑)

      > アスランさん
      だって鼻が高い外人さんが表紙ですよ!(笑)
      >> 続きを読む

      2013/05/02 by ◆空太◆

    もっとみる

    関連したレビュー

      創元社 (1982/12)

      著者: D・カーネギー , 山口博

      • 評価: 5.0

        古い本ですが、全然古くありません。

        基本は、相手を敬い、笑顔で接すること。
        であると私は思いました。

        各パートごとに原則があります。それに対するエピソードが書かれている構成になっています。

        例えば以下のようになります。

        PART2 人に好かれる六原則
        1) 誠実な関心を寄せる
        □ 他人のことに関心を持たない人は、苦難の人生を歩まねばならず、他人に対しても大きな迷惑をかける
        □ 友を作りたいならば、まず人のために尽くすことだ
        2) 笑顔で接する
        □ 自分とつき合って相手に楽しんでもらいたい人は、まず相手とつき合って自分が楽しむ必要がある
        □ 笑顔を見せない人間は、商人になれない
        3) 名前は当人にとって、最も快い、最も大切なひびきをもつ言葉であることを忘れない
        □ 名前が覚えられない人もいるが、つまりは、重要な仕事が覚えられない、すなわち、仕事の基礎ができていないことを告白しているのだ
        4) 聞き手にまわる
        5) 相手の関心を見抜いて話題にする
        6) 重要感を与える
        >> 続きを読む

        2014/07/21 by

        人を動かす」のレビュー

      • 名前が覚えられない人もいるが、つまりは、重要な仕事が覚えられない、すなわち、仕事の基礎ができていないことを告白しているのだ>
        ドキッ!人の名前を忘れてしまうのでここは変えなければ(汗
        だいぶ前に読んだ本なので半分内容忘れてました。。今読むとまた新鮮に感じるかもしれません。
        >> 続きを読む

        2014/07/22 by usagi

      • 私が一番、感心したのは最後のパートでした。

        以来、旦那さんの愚痴をいう友人にはさりげなく薦めています。 >> 続きを読む

        2014/07/22 by pikapika


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ヒトオウゴカス
    ひとおうごかす

    人を動かす | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    上を向いて話そう

    最近チェックした本