こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

なにか変だ。ぼくは狂っているのかな?―統合失調症に光をあてる (アルカディアシリーズ―フローラブックス)

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 堀川 公平連理 貴司田中 つゆ子
定価: 1,404 円
いいね!

    「なにか変だ。ぼくは狂っているのかな?―統合失調症に光をあてる (アルカディアシリーズ―フローラブックス)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      かつて「精神分裂病」とよばれた「統合失調症」。精神疾患の代表格ともいえる疾患です。

       この本は、当事者を子供に持つ版画家・田中つゆ子さんの版画・文章に加え、専門医による疾患の全般的な解説がぎっしり12ページにもわたってあることが特徴です。

       その解説では、統合失調症の発症率は全人口の1%であり、けっしてまれでないこと、なりやすい体質をもった方が環境的なストレス(ウィルス感染)や心理的ストレス(思春期の悩みをいかに乗り越えるか)を引き金に発症するという、いわゆる「脆弱性仮説」について述べられています。そのほかにも、疾患の性質・治療法、回復のために必要となる支えについて述べられ、けっして「廃人」になる疾患でないことが強調されています。

       この解説の内容は、とてもよい心理教育だな、と思うのですが、本として見た場合には前半の絵本の詩情を少し損ねているような気もしました。

       その前半の絵本は、迫力ある版画で、当事者さんやご家族のもつ主観体験を描いています。

      「ぼくは狙われている」

      「やつらはぼくの眠りまで奪う」

      「あの子もばけものにとり憑かれている!」

       ・・・といった言葉に添えられた、白と黒の描線で表現された異様な感じは、読者にその苦しさを伝えるに十分な迫力をもって伝わります。心理描写を伝える画のすばらしさ、がこの本のいちばんの魅力でしょう。

       それだけに、絵本後半の「きみたちはばけものや怪物にとり憑かれているのではないのだよ」以降の展開が、どうも説明的で、医療福祉の教科書みたいで、ちょっとトーンダウンという気もしました。当事者の主観の世界と、医療モデルとは、立ち位置が異なるようにも思うのです。

       もちろん、統合失調症の現在の研究成果などについて伝えることがこの本の一番の目的なのだろう、とは思いますが、芸術で始まったものが教科書に終わってしまったような印象も持ちました。

       統合失調症の療養に服薬を中心とした医療的ケアが有用なのはいうまでもありませんが、「べてるの家」の活躍などを見れば、医療が抱え込みすぎていたものを、もっと当事者主体の地域活動へと解放してゆこうというのが現在の精神医療の流れの様に思います。

       当事者さんやご家族は、統合失調症への啓発や対処について、きっと医療者の知らぬ知恵があるのではないでしょうか。検閲されない表現活動に、よりよい活動へのヒントがあるのではないか。ちょっと楽観的なのかもしれませんが、精神医療にたずさわったものとして自戒をこめつつ、この本のもつすばらしい表現のポテンシャルに感銘を受けたことを記しておきます。
      >> 続きを読む

      2016/07/18 by

      なにか変だ。ぼくは狂っているのかな?―統合失調症に光をあてる (アルカディアシリーズ―フローラブックス)」のレビュー

    • >芸術で始まったものが教科書に終わってしまったような印象も持ちました。
      教科書的な部分は補足程度にしておすすめ文献をラインアップする程度でよかったかもしれませんね。
      統合失調症はいわゆる健常者からするとその内的世界は想像できないぶっとんだものであって、でもあるパターンは持っているのですよね。
      自分の脳に他人が干渉するとか行動を監視され支配を受けているとかの強迫観念がありそれを妄想として処理できないというような。
      それを絵でイメージさせるというのはとても有用な気がしました。
      チャンスがあったら読んでみたいです。
      >> 続きを読む

      2016/07/18 by 月うさぎ

    • コメント、ありがとうございます。
      患者さまとの数少ない経験では、陽性症状のぶっとび方に圧倒され、意味も解体されたような言動は、なかなか理解も難しいと感じたのですが、わからないけど当事者さんは怖いだろうな・・・とも感じました。そんな怖さが、絵でよく表現されていると思いました^^。 >> 続きを読む

      2017/08/09 by みやま


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    なにか変だ。ぼくは狂っているのかな?―統合失調症に光をあてる (アルカディアシリーズ―フローラブックス) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本