こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

なにわ華がたり

中川絹子桂米朝と一門をささえた半生記
3.0 3.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 個人伝記
定価: 1,680 円
いいね!

    「なにわ華がたり」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      中川絹子・桂米朝と一門をささえた半生記

      米朝の嫁さんというより、桑田絹子であり、駒ひかるの芸事好きのいとはん物語である。
      米朝自身が語る、夫婦としての長続いたのは、価値観が一緒だったからと、
      まずは、芸事好きが高じて、何の迷いもなしに噺家の女房に。

      実の三人だけではなく、大人数の弟子を我が子のように扱う、あーちゃん。
      やはり大所帯を支えた、きもったま母さんですな。
      >> 続きを読む

      2013/06/08 by

      なにわ華がたり」のレビュー

    • そう言えば、男性が家にいて、女性が稼ぎに出る夫婦も少なくないと言う中、きもったま父さんも登場しているんだろうか... >> 続きを読む

      2013/06/09 by ice

    • Iceさん、そういう男を昔は“ヒモ”と言ったんですが、言葉だけは死語になりつつあるんですね。男女同権の功罪ですか。 >> 続きを読む

      2013/06/09 by ごまめ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ナニワハナガタリ ナカガワキヌコカツラベイチョウトイチモンオササエタハンセイキ
    なにわはながたり なかがわきぬこかつらべいちょうといちもんおささえたはんせいき

    なにわ華がたり - 中川絹子桂米朝と一門をささえた半生記 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本