こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

知的戦闘力を高める 独学の技法

4.7 4.7 (レビュー2件)
著者: 山口 周
いいね!

    「知的戦闘力を高める 独学の技法」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      「独学」というと、社会人として資格試験や昇進試験と言った勉強に必要な要素というイメージがあるかもしれませんが、この本はそういったものとはちょっと違い、現代的な「正解のない問題」にどう立ち向かうかという観点から書かれた本です。

      専門知識を深め、管理技術力を高めることも社会人になると大切ですが、そればかりでなく、この本のキーワードの一つとなっている「リベラル・アーツ」、つまり幅広い知識を、単なる「教養主義」だけでなく、実務的に役に立てる方法が提案されています。

      面白いと思ったのは、「冷蔵庫と生け簀」という例えです。
      つまり、学生の受験勉強のように暗記中心の勉強は、魚を冷蔵庫に保存するようなもので、「分からないことに出くわしたら、何をどうやって調べたらいいのか」を知るための勉強が、魚を生け簀に放しておくということですね。

      もうひとつ、表紙にも書かれている11分野ですが、ここに「音楽」があるのが、なかなか新しい発想だと感じます。
      すぐれた音楽にあるリズムやストーリー感などと言うことを通して、「全体構想力」を磨くのに優れている分野なのだそうです。
      >> 続きを読む

      2019/09/16 by

      知的戦闘力を高める 独学の技法」のレビュー

    • 評価: 5.0

      論語や比喩表現のたとえを出して、知的戦闘力(現状での最適解を探し出す力)を高める本の読み方を紹介している。
      自分で興味が持てないと独学が進まないとあるが、論語のたとえで専門バカになる危険性と、浅い知識を多方面で蓄えても教養が養われないことも示唆している。
      比喩表現のたとえでは知識の抽象度の上下と、同じ抽象度での横の拡がりと具体的な細部との比較で理解が深まるという様な、『独学の精神』という本で著者が大工の棟梁のたとえで語っていた、本物の職人は家を建てるときに家の周りの温度や湿気などと、実際の木材が生えていた周りの環境をかんがみて木材にカンナをかけるそうで、そうしないと永く住める家にならないという様なことをいっていた。その姿勢は独学するときの態度として示唆を与えてくれると思うので、この本もそういう意味で本を読むという行為について考えさせてくれる示唆に富んだ本だと思う。
      また、具体から抽象(経験から知恵)を抽出する方法については「場数を踏むこと」とし、第4章では「数学で言う公理系」という言葉を使って「法則性」を見出すための具体から抽象を抽出する方法を説明して、「経験のメモ書き」の仕方を紹介している。
      しかし、個人的には現状での最適解としての知恵を得ることよりも新しい概念を発見する考えかたの方が好みなので、今までの経験から学んだ概念から外に出るということに関しての具体的な方法が書いてある、『超、思考法』という本の方が示唆を得られるかも知れないと思う。
      また、1章から4章までは公理系のような法則性のまとまりを抽出することについて書いているが、その公理系から脱することを5章から「教養(リベラルアーツ)=自由の技術」として、教養を養う意味とそれに役立つ本を紹介してくれている。
      しかし、私はその章を詳しく読んでいないし実践していないので効果のほどは分からない。
      また、場数や経験を踏むということについては、これもさきほどの大工の棟梁のたとえを引用すると、「カンナ」という家をつくりあげるための木材を加工する「道具」を使いこなせるようになるということひとつをとってみても、資材を刈ってきた木を含めた周りの森林の環境から資材の性質を見出し、家の周りの湿気などの環境をかんがみた上で木材にカンナをかける、という「匠の技」といえる一連の作業ができるまでのやり方を覚えるには、人それぞれ感覚が違うので自分で「本物の職人」のやり方を見て、「自分」の感覚と「本物の職人」の感覚の違いを意識しながら何度もカンナをかけ、「本物の職人」の教えを請いながら経験を通して覚えなければならない、ということと、「自分(大工見習い)」の感覚と「本に書かれている内容(本物の職人)」の感覚との違いを意識しながら、「カンナ(数式・論理式)」をつかうように「もの(数学・論理学など)」を考える(「抽象」思考をする)ということにも、共通する通念があると思う。
      >> 続きを読む

      2018/05/15 by

      知的戦闘力を高める 独学の技法」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    知的戦闘力を高める 独学の技法 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本