こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

マネジメント

基本と原則
2.8 2.8 (レビュー2件)
カテゴリー: 経営管理
定価: 2,100 円

「変化」のときこそ、「基本」を確認しなければならない!ドラッカー経営学の集大成を一冊に凝縮。自らの指針とすべき役割・責任・行動を示し、新しい目的意識と使命感を与える書。

いいね! tomato

    「マネジメント」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      【総括】
      管理職についている方、管理職に就こうとしている方に見てもらいたいです。仕事に対するしせいや考え方、どのように人・組織をまとめるべきなのかについて示唆を与えてくれる一冊です。

      【心に残った一節】
      1.
      「企業とは利益をあげることが目的である。企業は社会の利便性向上、業務の効率化そのために存在しているのであって、ただ儲けることだけを考えているのであれば、長続きはしない。」
      →企業の存在理由はつきつめると社会貢献や社会の課題解決に行きつくと思います。

      2.
      「何が正しいかだけ考え、だれが正しいかを考えない。」
      →日本の「忖度」に通ずるもの。人の顔を見て良し悪しを判断するのではなく、会社・組織にとって何が「善」なのかを真剣に考える人ほどマネジメント及び人材育成に向いていると語っています。

      3.
      「真摯さよりも知的な能力を評価しない。このような資質を欠くものは、以下に愛想がよく、助けになり、人付き合いが良かろうと、また以下に有能であって聡明だろうと危険である。そのようなものはマネジャーとしても、紳士としても失格である。」
      →仕事に対し、真摯であることが何よりも人からの信頼を集め大切であると述べています。本当にそう思います。
      約束を簡単に破り、人をぞんざいに扱う人は何においても信頼してもらえません。
      どんなにお粗末な資料を作ろうが、真摯でありさえすれば見込みがあります。みなさん仕事に対して真摯でありましょう。

      4.
      「マネジャーにできなければならないことは、そのほとんどが教わらなくとも学ぶことができる。しかし、学ぶことができない資質、後天的に獲得することのできない資質、初めから身に着けていなければならない資質が一つだけある。才能ではない。真摯さである。」
      →仕事に対し、人に対し、真摯であることが全てです。

      5.
      「補佐役という職務は、その任務が明確に規定されているのであれば、若手のマネジャーにとって優れた訓練となる。期間は限定する必要がある。」
      →やはり仕事に対し自分が責任をもたないと人は堕落するんでしょう。責任のある仕事を全うすることがその人のやりがい・喜び・自己実現に結び付くのだと思います。

      6.
      「組織が成しうる最悪のことは、エリートを育成すべく他の者を放っておくことである。10年後、仕事の八割はその放っておかれた人たちが行わなければならない。
      しかも彼らは軽んじられたことを覚えている。成果は上がらず、資産性は低く、新しいことへの意欲は失われている。他方、選ばれたエリートの半分は40代にもなればっ口がうまいだけだったことが明らかになる。」
      →組織構成の難しさが表れている。

      7.
      「三人の石切工の話がある。何をしているか聞かれて、それぞれが、「暮らしを立てている。」「最高の石切の仕事をしている」「協会を立てている」と答えた。第三の男こそマネジャーである。」
      →仕事をしているとよくわかる。金だけのために仕事をしているやる気のない、どこに向かっているのかもわからない人や、自分の技術向上のためのみ仕事をしていて顧客に対し専門用語を並べ立て人の気持ちを考えない人。そして仕事全体が見えており、木ではなく森が見え、自分の役割をしっかり把握している人。いかに第三の男の割合がこの社会において少ないか。悲しいですね。

      8.
      「優れた人間関係とは、優れた礼儀作法と同じように自然に生まれてくるものであり、気にしないで済むものである。人の気持ちを気にしなければならない状況は、最悪の人間関係である」
      →日本の職場がいかに最悪の人間関係で構成されているかがわかる。礼節は必要最低限でいいんですよ。やりすぎは良くないと思います。
      >> 続きを読む

      2018/12/25 by

      マネジメント」のレビュー

    • 評価: 4.0

      学生時代の頃に図書館で読ませて頂いた記憶があります。時間がある時にじっくり読んでみたくなりました。

      2015/04/20 by

      マネジメント」のレビュー

    • とてもためになる話だと感じました。

      また時間が経ったら改めて読みたいです!

      2015/05/22 by paruparu


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    キホントゲンソク
    きほんとげんそく

    マネジメント - 基本と原則 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    上を向いて話そう

    最近チェックした本