こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

チェンジ・ザ・ル-ル!

なぜ、出せるはずの利益が出ないのか
4.0 4.0 (レビュー2件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,680 円

在庫削減を目的にERPを導入。だが、むしろ在庫は増え、利益を圧迫している―いったい、なぜなんだ!?はたして、クライアント企業の悲鳴を解決できるのか!?コンピュータソフトウェア企業BGソフト社を舞台に、新ソフト開発、販売、フォローアップ過程でのさまざまな障壁を乗り越え、他社が真似することのできない競争優位を確立するまでを描く。

いいね! tomato

    「チェンジ・ザ・ル-ル!」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

       TOC(制約理論)を題材にした
      シリーズ小説の3作目ですね。

       相変わらず面白いのですが、
      本作はTOCの理解を助けるためのものというよりも
      TOCの有用性をアピールするもの。
      もしくはTOCを用いてシステムを改善するなら、
      旧来 組織で用いていたルールを変更しないと
      かえって悪影響が出て
      真のメリットを享受できない
      ということを強調して伝えたい作品
      と言うことが出来るでしょう。

       だから、とても大切なことを書いてはいるのですが、
      TOCの勉強をしたい人には
      ちょっともの足りない内容かもしれないです。
      そんな訳で★3つです。
      >> 続きを読む

      2015/02/03 by

      チェンジ・ザ・ル-ル!」のレビュー

    • 評価: 5.0

       舞台は、飛躍的に業績を伸ばしてきた「BGソフト社」と同社のインテグレーター「KIPソリューションズ社」を中心に繰り広げられる。両社に訪れようとしている暗雲は、大企業という市場が飽和しつつあることにあった。

       どのようなビジネスモデルにもボトルネックがある、そしてボトルネックは、リソースだけとは限らない。多くの場合、私たちが囚われている既成概念こそが、ボトルネックになっているのだ!

       ボトルネックを発見し、取り去ることで売上や利益が飛躍的に向上するだけでなく、企業の存続が約束される仕組みを築くことすら可能だ。 >> 続きを読む

      2014/09/05 by

      チェンジ・ザ・ル-ル!」のレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    チェンジザル-ル ナゼダセルハズノリエキガデナイノカ
    ちぇんじざる-る なぜだせるはずのりえきがでないのか

    チェンジ・ザ・ル-ル! - なぜ、出せるはずの利益が出ないのか | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本