こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

成功する男はみな、非情である。

2.0 2.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 人生訓、教訓
定価: 680 円

成功する男には、常人には計り知れない「非情の哲学」がある。「孤独」を武器にし、「夢」は持たず、不要な過去や人間は“バッサリ”と斬り捨てる。十代のころから、政財界を中心に数多くの「大物」に接し、その素顔と仕事ぶりを見てきた著者が、勝者の素顔・行動・倫理・美学・品格を徹底的に解剖。成功する男の本質と、真の成功法則に迫る。

いいね!

    「成功する男はみな、非情である。」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 2.0

      各界の成功者達から抽出したステレオタイプの紹介。

      成功の定義があいまいなため、全体的にピンと来ない。

      成功する男たちの共通項を導き出そうという意図なのだが、「成功」の定義が成されていないため、無理やり誘導されているかのような居心地の悪さを感じてしまう。

      ビジネスでの成功。つまり多く金を集めた人が成功(者)という定義なのだろうと考えていたが、冒頭で「あなたが目指す成功」という表現が有ったため、自分の考える成功と再定義して読み進めた。

      しかし実際の内容は、著者が決めた狭いスコープの成功に向かってのみ書かれており、あなたが、わたしが目指す成功に関しては一切触れていない。

      また、成功者は家庭を顧みてはならず、自分が追い詰められたら知人や部下を切らないといけないものらしい。

      心構えとしては十分頷けるのだが、表現が断定的なため、読み手が好意的な解釈を続けない限り、非常に限定的で幸福とは無縁のゴールへの道案内としか思えない内容で有る。

      エッセンスは悪く無いのだが、表現に問題があるため素直に吸収しづらい。
      >> 続きを読む

      2012/07/17 by

      成功する男はみな、非情である。」のレビュー

    • >成功者は家庭を顧みてはならず、自分が追い詰められたら知人や部下を切らないといけないものらしい。

      確かに仕事と割り切らなければならない側面はあるはずだと思いますが、これじゃ信頼を得られないですよね。。。
      >> 続きを読む

      2012/07/17 by chao

    • 「成功した男はみな、度量が広い」っていう切り口で本を書こうとすれば
      絶対にそのセンで書くことが出来るでしょうね。
      だいたい「成功」ってどの時点を言うのでしょうか?
      死ぬまで見てみないと『人生の帳尻』ってわからないですよね。
      一度成功した人の転落とかまでできれば知りたいものです。

      『日本でいちばん大切にしたい会社』の真逆の内容ですね。
      私としては↑こちらを信じたい気持ちでいますが。
      >> 続きを読む

      2012/07/17 by 月うさぎ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    セイコウスルオトコワミナヒジョウデアル
    せいこうするおとこわみなひじょうである

    成功する男はみな、非情である。 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    養生のヒント

    最近チェックした本