こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

自分の頭で考えるということ

4.0 4.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 普通心理学、心理各論
定価: 1,365 円

「考えること」こそが仕事である。将棋界と脳科学界を代表する二人が、「考える」ということについて語り合った対談集。

いいね!

    「自分の頭で考えるということ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

       “プロ棋士”と“脳科学者”。“静”と“動”。
       対照的な両者ですが、どちらも卓越した思考能力を備えている二人です。
       それぞれ「考える」ことについて違ったイメージを持っていますが、共感する部分もかなりあったとのこと。
       人間の「知性」とは何か。これからの時代に必要な「考える」とは何か。
       本書は、全く異なる分野の第一人者同士が、様々な角度から「考える」ことについて語り合った対談集です。

       詳細なレビューはこちらです↓
      http://maemuki-blog.com/shohyou/ichiryu/habu-mogi-kangaeru/
      >> 続きを読む

      2013/12/19 by

      自分の頭で考えるということ」のレビュー

    • プロ棋士ともなると、1試合で体重が2~3kg減るぐらい能を酷使してるそうですね。

      2013/12/19 by ◆空太◆

    • IT業界の人には、プロキシはプロ棋士じゃなくてProxyと脳内変換されること確実です... >> 続きを読む

      2013/12/21 by ice


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ジブンノアタマデカンガエルトイウコト
    じぶんのあたまでかんがえるということ

    自分の頭で考えるということ | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本