こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

私の「漱石」と「竜之介」

3.5 3.5 (レビュー1件)
カテゴリー: 評論、エッセイ、随筆
定価: 714 円
いいね!

    「私の「漱石」と「竜之介」」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

       内田百閒の文章はやはり師の夏目漱石を思わせる飄逸なところがあって好きです。しかし漱石のような鋭角に切るような批評性はないので、「実益がない」(これは友人から百閒が言われた言葉)と評されるのもやむを得ない気がします。
       漱石のファンは今でもたくさんいると思いますが、まさに現代的なファンの感覚で百閒が漱石の真似をしたり(笑い方まで真似したらいい)、もっている机を真似て家に同じような机を誂えたりするエピソードにはほほえましいものを感じます。
       文章が生き生きと活写するように書かれていて、漱石の人となりや、「木曜会」での弟子達の様子がおもしろおかしく描かれていて資料としても貴重だと思います。百閒はあまり心象風景のような描写は少ないし、内面をくどくど述べることもしません。ただ実際の様子が手に取るように伝わります。
       漱石のエピソードはそうは言っても今や有名なものが多く、目新しさはありませんでしたが、芥川龍之介と百閒がこんなにも仲良しだとは知りませんでした。感情をくどくど書かない百閒ですが、芥川の死に関して行間からあふれるほどの無念さと周囲のゴシップ的な扱いに対する怒りが感じられます。
      >> 続きを読む

      2014/09/11 by

      私の「漱石」と「竜之介」」のレビュー

    • 内田百間氏を存じ上げなかったのですが、著書に「贋作吾輩は猫である」という作品を発見して、師匠への愛を感じました♪ >> 続きを読む

      2014/09/12 by ice


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ワタクシノソウセキトリュウノスケ
    わたくしのそうせきとりゅうのすけ

    私の「漱石」と「竜之介」 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    僕の行く道

    最近チェックした本