こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

数は科学の言葉 (ちくま学芸文庫)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: トビアス ダンツィク
いいね!

    「数は科学の言葉 (ちくま学芸文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

       数学史と言える内容であるが、公理や公式の歴史ではなく、数や記号、そして数学的な数の見方の歴史を扱っている。すなわち数がどのようにして数学となったか、数の領域がどのように広がっていったのかの歴史である。無限、極限の話題が多い。これは数学にとっての重大事件であったことが見て取れる。また、複素数も数学にとって衝撃的だったようで重点的に扱われていた。

       エッセイ風で書かれているため読みやすく、群論などの細かいところへは「本書で扱う範囲外である」として入っていかない。ひとまずは安心できる。ただ、これは本書がその領域の入口まで到達しているということであり、本書が単なるエッセイではなく数学の専門書であることを示している。
      >> 続きを読む

      2018/05/05 by

      数は科学の言葉 (ちくま学芸文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    数は科学の言葉 (ちくま学芸文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    第三の眼 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

    最近チェックした本