こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ちくま日本文学全集

4.0 4.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 作品集
定価: 1,020 円
いいね!

    「ちくま日本文学全集」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      ちくま日本文学全集032。

      島尾敏雄の作品はまったく初めて。
      「死の棘」という作品名は聞いたことがあるけど、作者の傾向やジャンルもまるっきり知らなかった。

      で、感想はどうかというと、気に入りました。
      テーマは重たいのに、気に入りましたなんていうのはなんだけど、こういう言い方が自分としてはぴったり。

      この中での最高傑作は「島の果て」。

      おなじ経験を「出孤島記」「出発は遂に訪れず」でも書いていて、それはそれで立派だけど、物語として完結した宇宙を築くことに成功した「島の果て」には及ばない。

      でも、この人はこれだけ造形力の強い文体を持っているのに、それを物語を構築するためには使わないで、自分の身辺というか、私小説的な方に使ってしまったのはなぜなんだろう。

      この本のところどころで夢の内容を描写しているけれども、実にリアル。夢という支離滅裂な内容をここまで読ませるというのはなかなかありません。
      現実に存在しないイメージを現前感をもって描き出せるのはもっと虚構性の高い作品を描くときの最大の武器になった筈なのに、そういう作品がここではほとんど収められていません。たぶんそういった作品は少なかったんだろうと思いますが、もったいないなあと勝手に思っています。

      とはいってもどの作品も高い緊張感が漲っていて文句なしに面白い。作者の身辺に題をとった作品でもまるでハードボイルドの作品を読んでいるような気がします。

      読んでいるうちに作者が自分の生活や自分自身の内部をずっと凝視しているというイメージが生まれてきました。
      この作家の強靭な精神力に驚くとともに、それはしかし、周囲としてはかなり耐え難いことではなかっただろうかなどど思いました。

      私にとっては、新しい作家を発見した一冊です。
      >> 続きを読む

      2017/11/02 by

      ちくま日本文学全集」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    チクマニホンブンガクゼンシュウ
    ちくまにほんぶんがくぜんしゅう

    ちくま日本文学全集 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本