こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ちくま日本文学全集 (35) 寺田寅彦

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 寺田 寅彦
いいね!

    「ちくま日本文学全集 (35) 寺田寅彦」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      ちくま日本文学全集035。

      寺田寅彦。
      夏目漱石の弟子で、物理学者ということだけは知っていました。

      理知的で啓発的な作品を書く人、面白くないだろうなあという先入観があったんですが、冒頭の「団栗」というエッセイを読んでイメージがかわりました。ああ、こういう哀切なことを書ける人なんだ。

      一番面白いのは「自画像」という、油絵を描き始め、自画像に取り組んだときのことを綴った作品。
      吹き出しそうになるところもあります

      それにしても、どの作品も端正な文章です。
      学校の教科書にふさわしいぐらい模範的といったら悪口になるのかな。
      やはり、頭の良い真面目な人だったんだろうと思う。

      寺田寅彦は明治11年に生まれて昭和10年に亡くなりますが、巻の後半に進むに従って、戦争に突き進む世相を反映した言葉が作品の端々に出てきますね。

      次は中島敦。
      >> 続きを読む

      2017/11/09 by

      ちくま日本文学全集 (35) 寺田寅彦」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ちくま日本文学全集 (35) 寺田寅彦 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本