こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

酒のさかな (ちくま文庫 た 73-2)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 高橋 みどり
定価: 950 円
いいね!

    「酒のさかな (ちくま文庫 た 73-2)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      タイトル通り「酒のさかな」の本。

      著者の高橋みどりさんが最初につくったメニュ―ではなく、
      すべて、通い詰めた船田さんの店で味わった肴の数々。

      でも、飲み物はビールではなく、基本はお酒。

      魚にしても、鶏でも牛肉にしても、いたってあっさりめで、お酒。

      早速、先日の日曜日「きゅうりの塩もみ」と
      これは、今迄作ってたきゅうりもみではなく、もっとポリポリとした
      歯ざわり感を残したもの・・・・蛸と二杯酢と和えましたが、
      本の通り、まぶしておいた塩味だけでも十分いけたようです。

      二つ目は「「なすのふくめ煮」
      これは、やわらくしようと長めに煮たので、ちょっと辛めに仕上がりましたが、
      皮めに細かく切りこみを入れたのですが、このまえ道具屋筋で買った良い包丁の
      切れ味のよいこと、きゅうりにしても、茄子にしても、切り口の素晴らしく
      みずみずしいこと、凄いです。

      弘法、筆を選ばずというのは嘘。

      料理するには、それなりの道具が必要でおます。

      はる、なつ、あき、ふゆ、と季節ごとに紹介されているので、
      今年いっぱいは、この本、まずはキッチンのある一階に置いたままですな。

      >> 続きを読む

      2015/04/07 by

      酒のさかな (ちくま文庫 た 73-2)」のレビュー

    • >素頓卿さん

      医者はいつも顔を合わせる度に
      週に一、二度は休肝日を設けなさいと云いますが、

      病気以外は、飲みたいと身体が欲っているのは健康な証拠だと自分に言い聞かせて、
      自慢ではないですが、一度も実行できたことはありません。
      (エヘン)
      >> 続きを読む

      2015/04/08 by ごまめ

    • >空耳よ さんへ

      新たまねぎのスライス、よろしいな。

      春キャベツとか、新じゃがに新ごぼう、スナップえんどうにみょうが、
      そら豆にゴーヤ、いんげんに、えだまめ・・・。

      年がいった所為か、これから夏にかけての季節は青い野菜がうれしいです。
      >> 続きを読む

      2015/04/08 by ごまめ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    酒のさかな (ちくま文庫 た 73-2) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本