こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

なんらかの事情

4.3 4.3 (レビュー2件)
カテゴリー: 評論、エッセイ、随筆
定価: 1,575 円
いいね!

    「なんらかの事情」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      身近な出来事が多い、勘違い、行き違い、誤解、早合点、何もかも思い当たる、エッセイにするとこうなるのか。
      講談社のエッセイ賞を受賞した岸本さんに、今更だけれど。
      読んで暫くして、不意にぽかっと浮かんでくる、ほんと不思議だなぁと言う感じが好きだ。
      これからも何か見るたびに、あれ、これ何所かで読んだ感じだと思う。そんな身近な話題に思わずクスッと笑ってしまう話題が満載。



      * 物言う物 トイレが喋った「自動水洗です」。だからどうだって言うのだ。
      車が喋った「ガソリンがなくなりそうです」メーターを見れば分かる、それになぜみんな女なのか。
      状況次第で切羽詰まっていたり懇願するようだったり厳しくトガメダテする調子が籠っていた方が訴求度も高い気がする。
      (我が家でも風呂が喋る。ガステーブルがものを言う。温度が高くなっています、自動調節に切り替えます、鍋を置いてください、、設定温度になりました。賢いけどまだそんなにお世話にならないでもダイジョウブ)

      * 物言わぬ臓器、肝臓など「もう堪忍してください」と言う風にコンディションを訴えたら無茶をしなくなって病気が減る。
      でもお満員電車はうるさくて仕方がないだろう。「胃に穴があいています」「動脈が硬いです」・・・。

      * 家の近くにあった旧式のポストを応援している。

      * 日記
        ×月×日 エリツィンが死んだ。
        「同志ポリス・エリツィンに私は非情な親愛の情を感じておりました。何となればエリツィンの”ツィン”にプーチンの”チン””ツィン”と”チン”二つの間にはなんと響きあうものがあることでしょう!」
      頭の中でプーチンが私の差し出した原稿をびりびりに破いて捨てる。

      ×月×日
      「同志ポリス・エリツィンと私は無二の親友でありました。何となれば、二人の間には”髪型が木彫りっぽい”と言う共通点があり」
      プチンが、私の原稿を読まずに捨てる。
      何と何とわはは そうきました。

      * アロマテラピーの話で、アロマオイルを買おうとしたら頭の中で
        アロマでごわす
      と声がした。その瞬間、目に入る全てのものがごわす化した。「ごわす様」はそのごもたびたび現れては、私の素敵生活(アロマ生活のこと)を一瞬にして無効化した。
      「ごわす様」には「ごんす」「がんす」「やんす」「でげす」ナドの仲間がいることもわかった。

      * 気がつくと「イカどっくり」について考えている自分がいる。

      * 「読書体験」大きい本を広げて読んでいると、抑えている両方の親指が二つの肉球に見えてきて気になる。

      * 「海ほたる」古いカーナビなので友人は指示に従わない「いいのいいの、コレ古いから。こちらが早いの」
        アクアラインでは走っていても「海です」「海です」
      「そうねぇ確かに海だわ」
      江戸時代のナビだったら「三里先、関所です」「この先の首塚を右方向へ」と言うだろうか。

      * 「やぼう」 ひらがなの「め」と「ぬ」はよく似ている。もしかして「め」は「ぬ」のことを自分を土台にして先っぽにちょろりと飾りをつけただけの紛い物、言うなれば自分の亜種である、などと苦々しく思っているだろうか。そして「ぬ」は「ぬ」で自分こそは完成形、末尾の優雅な丸まりのない「め」のごときは憐れな欠陥品よ。と蔑んでいるだろうか。両者は口も利かぬほどの犬猿の仲で、たまに、たとえば<ぬめり>などという言葉で一緒に仕事をしなければならぬ時などはお互い目もあわせず、険悪な空気が<ぬめり>じゅうに満ち満ち、板ばさみになった「い」がひとり対応に苦慮して居たりするだろうか。
      同じような反目が生じるらしい文字が沢山ある、等々。井上やすしのキーボードの記号の話を思いだす。
      >> 続きを読む

      2016/07/12 by

      なんらかの事情」のレビュー

    •  ジャネット・ウィンターソンの「さくらんぼの性は」を読んで以来、岸本さんの大ファンです。いまや彼女訳のアンソロジーが出版されるほどの人気翻訳家になり、嬉しい限りです。いま、翻訳家のアンソロジーが出ているのは、柴田元幸さんと彼女くらいですよね。
       エッセストとしても異能ぶりを発揮しているようですが、この本は未読です。 

       >会社でレビュー読んでて、「アロマでごわす」に吹きました。

       ぼくも、ぼくも。いかにも彼女らしい。
      >> 続きを読む

      2016/07/15 by 弁護士K

    • 弁護士kさん

      ウインターソンは手探りで宝物を探すような不思議な作風ですね。
      それが好きで。灯台守りと、オレンジだけが…も読んでしまいました笑

      岸本さんは新しいというか新鋭作家を多く訳されているようですね、「中二階」は、まだ少し残ってますが変に面白いです。これはナノ文学とか。ご存知だったらごめんなさいです。
      エッセイも独特の風味がとっても美味しいです、明るくて楽しく、ご機嫌になりました。エッセイは他にもあるようですが、オースター中なので忙しいです(^_^)
      柴田さんの解説を読んで、そうそれが言いたかったと、手を打ちます、それで後でゆっくり読むようにしました。さすがですね、読みやすいし。
      わたしもファンの端くれになりました。
      >> 続きを読む

      2016/07/16 by 空耳よ

    • 評価: 3.0

      おっと、そうきたかあ~一瞬の間があって、脳みそがゆる~くなるような感じがある。
      改めて考えてみると、確かにそうだよなということも多い。
      一呼吸おいて考えると、以外に気づくこともある。
      この感覚があれば、世の中も面白く切り取れるだろうな。

      2014/08/05 by

      なんらかの事情」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ナンラカノジジョウ
    なんらかのじじょう

    なんらかの事情 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本