こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

考える人とおめでたい人はどちらが幸せか

世の中をより良く生きるための哲学入門
5.0 5.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 哲学
定価: 1,785 円
いいね!

    「考える人とおめでたい人はどちらが幸せか」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      たまには哲学の本を読んで、改めて色々考えてみるとちょっと前とは違った思考をしていることに気づいたりして面白い。

      気になったことをいくつか。

      「おめでたい人」は知的な分析を行わないから、ふだんの生活を違った視点から眺め、そこに価値を見出すことはできない。そこが「おめでたい人」の限界なのだ。「おめでたい人」は、自分が「どのぐらい」幸福か理解できない。その価値がわからない。「おめでたい人」は、本当の意味での陶酔や恍惚を味わうことはないだろう。

      学校で一番大切なのは、知識と日々の暮らし、それぞれの生き方を結びつけていくことなのである。

      神の存在を完全に否定するのは正しくないのかもしれない。かといって神が本当に存在すると思い込むのは危険だ。神を信じる唯一の方法は、その存在を疑うことなのである。

      読みながら色々考えていくのが楽しくなる本。
      >> 続きを読む

      2013/10/11 by

      考える人とおめでたい人はどちらが幸せか」のレビュー

    • 私もiceさんと同感です。使い分けられれば1番良さそうです。

      2013/10/12 by sunflower

    • >考える人とおめでたい人はどちらが幸せか

      どちらかに分類されるとしたら、私は絶対「おめでたい人」だろうな。。。 >> 続きを読む

      2013/10/12 by ただひこ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    カンガエルヒトトオメデタイヒトワドチラガシアワセカ ヨノナカオヨリヨクイキルタメノテツガクニュウモン
    かんがえるひととおめでたいひとわどちらがしあわせか よのなかおよりよくいきるためのてつがくにゅうもん

    考える人とおめでたい人はどちらが幸せか - 世の中をより良く生きるための哲学入門 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本