こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)

3.5 3.5 (レビュー4件)
著者: 柚木 麻子
定価: 1,404 円
いいね!

    「ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 1.0

      うーん・・・確かに人は良くも悪くも変わるからそういう成長を描くということであれば良いのだろけど。個人的には変わってほしくない方に行ってしまったような気がする。

      主人公の宝子は有名な玩具メーカーで玩具プランナーとして働く28歳の女性。企画した商品がことごとくヒットするという神がかった才能を持っているがひとつだけ持ち合わせていないものがある。それは、恋愛。28歳の今も恋愛経験が無く彼氏もいない。同じ部屋に住む玲奈は同性しか愛せないレズビアン。いつもコロコロと彼女を変える玲奈とは対象的に一度も男性とお付き合いしたことがない。でも、取引先のデザイナー西島にあるとき一目惚れをして絶賛片想い中。西島が喜んでくれるなら何でもします!と若干ストーカー気味の宝子はなぜか西島の周りで起きる厄介事やトラブルを解決する「片思い探偵」と化してゆくのである。今日も今日とて西島に降りかかる火の粉を払うべく奔走する宝子に良いハッピーエンドは訪れるのか・・・?


      いやあ、最初は凄く良かったんですよね~~。
      宝子も可愛いし日常系ミステリな風味もあって楽しく読んでいったのですが・・・如何せん後半になっていくにつれ「ん??」と思うところが目立つようになってラストは・・・「あ~~~、これ、一番自分が嫌いな終わり方だよ・・・。」と思いなんとも言えない読後感を抱いています。ぶっちゃけ読後感最悪です。本音をいうなら読んでいた時間返してほしいです。


      ネットの評判が良かったので図書館で借りてきて読んでみましたが自分には合わなかったですね。まあ、たまにはこういうこともありますよね、はい。諦めます。


      まあ、映像化、ドラマ化とかしたら受けるんじゃないんですかね。
      まあ、映像化されても絶対観ないと思いますが。


      取り敢えずこれ以上書いていたら不満や嫌だった想いとかが滾々と湧き上がって来そうなのでこれくらいでレビュー締めさせて頂きたいと思います。


      はぁ~~~~~~最悪。
      >> 続きを読む

      2018/06/16 by

      ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)」のレビュー

    • ジュディスさん

      こんにちは!
      こちらは雨降りですがそちらはどんな天候ですか?

      おっしゃる通り確かに活字より映像で観たほうが良いということたくさんありますね!基本的に好きな作品は映像化されると聞くと不安要素が多いのですが観てみるとそれはそれで良いかも!と思うことあります!自分も感想とか読んでそう思うとき多々あります!良かった、自分だけじゃなくて(笑)

      映像化が失敗するとなんとも言えない感じになりますね。
      特に自分の好きな作品やシリーズだと余計に(^_^;))

      ほうほう。
      なるほど。そういう考え方もあるのですね!
      自分、そこまで考えて今まで本読んだり映像観たりしていなかったかもです。
      確かにおっしゃる通りかもしれませんね。作家さんからするとこれは個人的な意見であり考えですが映像化が成功しても失敗してもどのみち原作は注目されるし読んでみたいと思って売れるからOK、ゴーサイン出すのではないのかもなあとも思います。あと、確かに映像化されるときの映像監督の技量は左右されますよね。力量があれば良い作品になるしなければ駄作になってしまいますしね。難しいですね~~~

      >「この作品は、とても映像では表現しきれない・・・」

      こういう作品を無理やり映像化する風潮はやめてほしいですね。
      小説でしか表現出来ないものを無理にわざわざ映像化する意味がわからなかったりします。

      >作家さんならそう思うだろうな・・・と、

      言うか、

      自分ならそう思う、、、

      そんな事を過去に考えてみた事ありました。

      自分もコメント頂いて確かになと思いました!
      自分ももしかしたら潜在的にこう思っていたのかもしれません。
      気づかせて頂きありがとうございますっ!
      >> 続きを読む

      2018/06/20 by 澄美空

    • 返信よみました^^
      こちらは曇り。(夜は暴風だったけどサッカーで感動体験で満足)
      雨には読書がピッたり!ですね!

      私もいつも、レヴュや今回の返信を読んで、いろいろ勉強や気づきなど、とてもためになっています!そして自分の考えやコミュニケーションだったり、表現等々も、勉強つーか経験積み重ね中です!

      こちらこそ、ありがとうございます!

      >> 続きを読む

      2018/06/20 by ジュディス

    • 評価: 4.0

      女子のお仕事小説かと思いきや、片想い相手のために暴走し、事件を解決する探偵要素があって面白かった。

      2016/11/05 by

      ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)」のレビュー

    • 評価: 4.0

      宝子の長き片想いは成就するのか!?
      優秀なおもちゃプランナーながら恋の駆け引きは苦手。
      かたや、片想いの彼は、惚れっぽい仕事少ないクリエーター。
      好きな男のために大奔放。最後はハッピーエンドになるのか!

      富田宝子、28歳。
      大手玩具メーカーの優秀なプランナー。
      それでいて、誰からも愛される。
      けれど、恋愛経験0。
      そして、長き片想い。

      その片想いの彼・西島裕也、仕事少ないデザイナー。
      だらしない上、惚れっぽい。
      宝子の周囲は、ヤキモキされっぱなしな物語。

      内気な宝子も、西島のためなら、黒子になって大奮闘。
      そのエネルギーたる行動に笑える。

      『おせっかいはすべての原動力』
      近隣マンションにタンク設置されて、見えなくなったスカイツリーのために、
      撤去に乗り出したり、不倫とだまされているを見過ごせなく、不倫している相手を
      助けてあげたりと、そのひたむきさが可愛い。

      そして、なんと、シェアハウス!
      同棲キター!
      が、何の進展もない。

      やうやく、片想いにふっきれた宝子が輝き出す。
      『ねじが回転してお互いの歯車がかみ合わなければ、いくら好きな相手と一緒でも
      なんの意味もないのだ。大切なのは外側ではなく内側で何が起きているかだった。』

      そして、二人のねじの歯車がかみ合いつつ合うのかな。

      人には、玩具が必要だ。
      夢を見させてくれる玩具が。
      それに、恋も。
      笑顔見たくて、幸せになって欲しくて。
      そんな単純なこと。
      恋に奥手になっている現代の若者に、恋っていいなぁと思ってほしい。
      >> 続きを読む

      2015/12/18 by

      ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)」のレビュー

    • >恋に奥手になっている現代の若者に、恋っていいなぁと思ってほしい。

      恋っていいなぁ >> 続きを読む

      2015/12/19 by makoto

    • 評価: 4.0

      浅草にあるおもちゃ会社の敏腕プランナーとして働く富田宝子・28歳。彼女は、外注デザイナーの西島に5年間も片思い中である。
      仕事はできるけれど恋には奥手なのである。
      西島に訪れたトラブルを密かに解決していく…。

      ◆社内でもエースと呼ばれ容姿も可憐な宝子、しかし男性と付き合ったことはなく、5年も片思い中、もちろん社内で知らないものはない。
      その彼女が恋をしている西島は周囲の人間が何故と思っています。
      読み手にも魅力がわからない…でも、彼女は彼のために密かにトラブルを解決して行きます。
      この彼女の懸命さとトラブル解決の見事さは素晴らしいものがあります。
      恋は盲目とは言え、ここまで行けば素晴らしい!
      でも物語の中で言われるように自己完結している、恋に恋しているとも言えましょう。
      お仕事小説としても楽しかったです。
      でも彼女の成長モノというにはやや足りない感じがするし、柚木さんならもう少しとちょっと思ってしまったのは贅沢になってきているんでしょうかね。
      >> 続きを読む

      2014/09/22 by

      ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)」のレビュー

    • > 仕事はできるけれど恋には奥手なのである。

      正直こういうギャップにはグラッと来ますので危険です(笑) >> 続きを読む

      2014/09/23 by ice

    • iceさん>
      私も 仕事はできるけれど恋には奥手 なタイプは好きかもしれません。

      2014/09/24 by むつぞー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本