こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

シャーロック・ホームズの冒険

4.0 4.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 945 円

ミステリ史上最大にして最高の名探偵シャーロック・ホームズの推理と活躍を、ワトスンが綴るシリーズ第1短編集。ホームズの緻密な計画がひとりの女性によって破られる「ボヘミアの醜聞」、赤毛の男を求める奇妙な団体の意図が鮮やかに解明される「赤毛組合」、閉ざされた部屋での怪死事件に秘められたおそるべき真相「まだらの紐」など、いずれも忘れ難き12の名品を収録する。

いいね!

    「シャーロック・ホームズの冒険」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      ミステリ界に名探偵は星の数ほどいますが、その優れた叡智と活躍の実績から「名探偵の代名詞的存在」だと誰もが思うヒーローと言えば、シャーロック・ホームズしかいません。

      彼の魅力は躁と鬱、几帳面さとルーズさ、正義感と非道徳的な面、冷徹と温情----と、そういった対照的な要素が同居する人間臭い面が、個人的にはシャーロック・ホームズの魅力だと思っています。

      また、シャーロック・ホームズの唯一の親友にして、彼の探偵活動の多くに随行し、その活躍を記録し、そして世間に発表した作家で、本業は医師のジョン・H・ワトスンも忘れてはいけません。

      天才肌のホームズと比較すると凡庸にも思えますが、実際には平均以上の知性の持ち主なのです。ただホームズの叡智の前に、いつも驚きと敬意の念とそして、少なからず劣等感を感じてしまうという損な役回りを演じているんですね。

      能力的にはホームズと対等ではないものの、彼の探偵としての活動に同道できることを許された唯一の人間である立場に、誇りと矜持を感じているように思いますね。

      そこで今回読了したのは、シャーロック・ホームズシリーズの第一短編集「シャーロック・ホームズの冒険」の中に収められている12の作品の中の「赤毛組合」です。

      燃えたつような赤毛の持ち主で質屋のジェイベズ・ウィルスンは、不服そうな顔で新聞をたずさえてホームズのところへやって来た。

      赤毛の人だけが応募できるという「赤毛組合」の新聞広告を指さしながら、彼は説明し始めた。自分の店に1か月ほど前から商売見習いのために安い給料で働いている、店員のスポールディングに勧められて、その赤毛組合なるものに応募したところ、多くの候補者の中から採用され、この8週間そこへ働きに行っていた。

      組合の仕事は1日4時間、事務所で百科事典を筆写する簡単なもの。しかも、週給4ポンドという割のよい報酬がもらえるのだ。そして、8週間続いたこの仕事は、事務所に残された「赤毛組合は解散した」との声明文とともに終わりを告げるのだった-------。

      他の事務所で尋ねてみると、昨日新しい事務所に引っ越したというのだが、引っ越し先にもそれらしいものは見当たらない、いたずらにしては手がこんでいる-------。

      ウィルスンが帰ると、しばらく推理していたホームズは、ワトスンと二人で音楽会に出掛け、途中でかの質屋の敷石をトントンと強く叩いてから店に入って店員に道を尋ねた。「あの男のひざをみたかったのさ」。ホームズにはすべてがわかったようだった-------。

      この作品は、いわゆるミステリにおけるトリックのひとつ、「赤毛トリック」の嚆矢となったもので、このトリックは世界中の様々なミステリに、手を変え品を変え登場しているので、出会った時にはドイルの原型がどのようにアレンジされているのか、比較して読むというのもミステリ・ファンとしての楽しみなんですね。

      この作品でのホームズの動きは、水際立っている。依頼人の話を聞き、しばし瞑想すると、すかさず捜査に飛び出す。そして、裏付けを早々に終えるや、その夜のうちに犯人を捕縛してしまうのだ。

      しかも、捕物の前に気晴らしにコンサートに赴き、音楽に浸る余裕がまた実に心憎い。「電光石火」という言葉がぴったりと当てはまるホームズの働きぶりだったと思う。

      そして、事件が解決した後の「おかげで退屈しのぎができた」というホームズのセリフも、いつものことながら実に心憎い。

      ホームズにとって人生とは、"平凡な生活から逃れようとする果てしない努力の連続"でしかないのだ。だから、大犯罪を防いだこの作品での活躍も、彼にとっては退屈を紛らす"ささやかな事件"でしかなかったのだ。


      >> 続きを読む

      2018/03/03 by

      シャーロック・ホームズの冒険」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シャーロックホームズノボウケン
    しゃーろっくほーむずのぼうけん

    シャーロック・ホームズの冒険 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本