こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ウサギ料理は殺しの味

4.0 4.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,050 円
いいね!

    「ウサギ料理は殺しの味」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      【記憶に残るミステリ】
       「一応」推理小説です(笑)。ええ、謎の提示があり、結末では見事に(?)謎が解決されます。
       その謎とは……。とある田舎町(とは言え地方新聞や映画館、結構な商店もあり賑わっています)で連続殺人事件が発生します。被害者はいずれも妙齢の女性で、死体のそばには必ず扇が残されています。

       本来、この謎とは別の調査のために出張してきていた主人公の私立探偵ですが、本来の仕事の方はうまくいかず、ここは一つこの連続殺人を解決して華々しく名前を売って今のちんけな事務所なんかやめてやるんだ!
       ということで、半ばヤケクソの失職覚悟で、事務所に連絡も入れずに謎の解明に乗り出します。
       
       さて、この町には二つのレストランがあるのですが、ついに犯人からの手紙がそのうちの味の良いと評判の方のレストランに届けられます!
       その手紙の内容はというと、「ウサギ料理を出すな。出したら新たな被害者が生まれるぞ。」というものでした。
       連続殺人事件とウサギ料理と一体何の関係があるというのでしょう?
       しかも、そのレストランの亭主はウサギ料理が大嫌いだと言うではありませんか。できることならウサギ料理なんて本当は出したくないのだというのです。
       「じゃあ、ウサギ料理出すのやめちゃったら?」と言うと、「そうは行きません!」と妙なところで頑なです。

       そのレストランでは、毎週木曜日の「今日の料理」はウサギ料理と決まっていたのですが、これからも意地でもウサギ料理を出し続けるというのです。
       何でそこにそんなにこだわるんだよ~。これも謎と関係があるのでしょうか?

       いやぁ、この作品、何とも奇妙な味わいの作品で、かなりネタばれ覚悟で書かせていただくと、「風が吹けば桶屋が儲かる」なのですよ。
       この町の様々な出来事が、最後には絶妙に絡み合い、連続殺人事件の謎も、そして、何故ウサギ料理を出すと殺人が起きるのかという説明も、見事に(?)提示されます。

       あ、あ、怒って本を投げつけたりしてはいけませんぜ!
       その気持ちはよ~く分かります。
       おそらく、多くの方は最後まで読んで唖然とするか、怒りに震えるかのどちらかではないでしょうか。
       でもね、不思議なことに、しばらく時間が経つとだんだんニヤニヤしてくるんです。
       そして、妙に記憶に残る一冊になることはefが保障しましょう。
       こういう味わいの作品にはなかなかお目にかかれません。
       そういう意味で、大変貴重な一冊ですよ。
      >> 続きを読む

      2019/02/01 by

      ウサギ料理は殺しの味」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ウサギリョウリワコロシノアジ
    うさぎりょうりわころしのあじ

    ウサギ料理は殺しの味 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本